イオン銀行iDeCo

クラウド環境でMarkdownを書きたいときにはHackMDがおすすめな件

スポンサーリンク

今日はクラウド上でMarkdownの編集が簡単にできるエディタがありましたので、実際に使いながらご紹介したいと思います。

結構Markdownをお使いの方には結構便利だと思いますのでぜひ読んでみていただけたらと思います。

スポンサーリンク

今までのMarkdownの入力環境

私は今までマークダウンは以下のソフトを使用していました。

これはこれで非常に使いやすいのですが、外出先ではmacを持ち出さなくてはならず、結構不便な思いをしていました。

iPadで文章を入力する際には、メモで書いたものをコピペしたりしています。

異なるソフトを使って書いていますので、Macdown向けに合わせて訂正したりとちょっとめんどくさくなっています。

そんななか、クラウド上で使用できるで使用できるMarkdownの入力環境があることがわかりました。

名前を”HackMD”といいます。

HackMDについて

これからHackMDについて見てみたいと思います。

クラウドで使えるMarkdownエディタ

HackMDはクラウド上で使用できるMarkdownエディタです。

自分が使用しているパソコン上だけでなく、iPadのようなタブレットや、外出先などからも文章が更新できますので非常に便利です。

使ってみた

さっそくこのHackMDを使ってみました。

この記事を書いている画面がこのようになります。

編集画面

基本的な使用法については通常のMarkdownエディタと同じです。

それ以外にも機能が拡張されていますが、機能が多すぎてまだ私も活用できていません。

意外と便利だなと思う点が一つあります。

それは画像を直接imgurへアップできることですね。

現在このブログの画像ははてなフォトライフへアップしていますが、何らかの事情で使えなくなったときのことを思うとはてなに依存するのはいかがなものかと思っています。

そんなときに画像はimgurにアップするのも一つの方法かなとも思ってしまいます。

そしてつぎに便利な機能は自動保存です。

この文書を書いていて、何らかの理由でブラウザが落ちてしまったときなども心配ありません。

ログイン後の画面を見ているとこのように自動的に保存されています。

しかもファイル名を設定する必要がありません。h1タグがそのままファイル名となっています。

ログイン後画像

スポンサーリンク

使ってみた感想

このクラウド上で使用できるMarkdownエディタのHackMDを使ってみた感想をお話したいと思います。

結構使える

外出先で自前でMacBook Proが使えないときにこのHackMDを使用すると、別途Markdownエディタを用意する必要がありませんので、気軽に文章が更新できることがわかりました。

また画像も編集しないのであれば、そのままアップが可能ですのでプレビューを見ながら更新ができるので便利です。

それに機能も豊富なので結構使えるのではないかと感じています。

デメリットもある

ただデメリットがないわけではありません。

少し使ってみてもいくつかの不便な点がわかりました。

動作が重い

私が使用しているMarkdownエディタのMacDownと比較して動作は重いです。

やはりクラウドで高機能ですのでブラウザへの負担が大きいのではないかと感じてしまいました。

記法の挿入が自力で必要

オフラインで使用しているMacDownではショートカットでMarkdown記法の挿入ができるのですが、HackMDではそれができません。

そのため頭で覚えてダイレクトに書くかあるいはスニペット管理ソフトで登録したものを挿入するしかなさそうです。

imgurに挿入した画像の削除が困難

また画像がそのままimgurへアップできるのは素晴らしいのですが、imgurのアップはログインされない状態でそのままアップされてしまいます。

そのために間違えてアップしてしまったときの対象が非常に面倒なことになってしまいます。

ですので著作権フリー画像をそのままアップするときなどの場合以外の対処が必要となります。

いま感じているデメリットはそれくらいです。

しばらく使ってみようと思う

このようにメリットもデメリットもあるHackMDなのですが、結構便利なところもありますので、しばらく使ってみようと思っています。

HackMDは思っているよりも高機能ですので、まだまだ私は使いこなせていません。

そのため、使いこなせるようになったらこの記事を充実させていきたいと思っています。

まとめ

今日はクラウド上で無料で使えるMarkdownエディタの”HackMD”についてお話しました。

なかなか高機能なのでもっと使えるようになればより便利になるのではないかと感じています。

では、またよろしくです!

関連記事です。ついでにどうぞ!

スポンサーリンク