イオン銀行iDeCo

SBI証券のiDeCoプラン手数料が恒久的に無料となったよ(楽天証券も追従!)

2017年6月23日

スポンサーリンク

手数料の無駄遣い

2017.5.19 更新

iDeCoを始めようと検討している方に朗報です。

SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)プランの口座管理手数料が預かり資産にかかわらず無料となることがわかりました。

今日はこのことについてお話ししたいと思います。

SBI証券のiDeCo手数料が無料化

日本経済新聞の今日の記事で以下の記事がありました。

また、公式サイトでも正式に発表されています。

SBI証券iDeCo無料化バナー

SBI証券はiDeCoの手数料がみんな0円に!【5/19(金)から】

メインで取引していてしかもiDeCo口座も開設している私にとってこの一件はよくやった!と思わず感じてしまいました。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」

もともとは50万円以上無料だった

SBI証券のiDeCo手数料はもともと条件付きで無料となっており、預かり残高50万円以上無料となっていました。

そのため預かり資産が50万円未満の場合には月額324円の口座管理手数料がかかっていました。

これが預かり残高にかかわらず無料となるわけですね。

今はキャンペーンで無料

ちなみに現在もSBI証券は口座管理手数料をはじめSBI証券にかかわる手数料はキャンペーンのため無料となっています。

このキャンペーンは3月で一旦終了する予定でしたが、6月末まで延長されています。

それが最終的にキャンペーンではなく無料となるわけです。

このことにより、今まで恩恵をうけなかった公務員や確定給付年金導入企業勤務者、そして主婦が加入できるようになった2017年以前に加入していた方も毎月支払っていた毎月324円の口座管理費用が不要になります。

この点が既存ユーザーもふくめてコスト面での大きな改善になります。

無料化の動き

口座管理手数料を無料化にする動きはSBI証券以外にもありました。

ネット証券ではライバルといえる楽天証券さんが預かり資産10万円以上の場合は口座管理手数料を無料としています。だれでも無料となりました!:楽天証券ホームページより

2017.5.19追記
関連記事をアップしました!

またiDeCo口座を開設してから1年間は預かり資産にかかわらず無料となっていますので、公務員や確定給付年金導入企業の方(年間拠出限度額14万4000円)でも1年たらずでこのハードルを越えることができますので実質的には無料みたいなものですね。

また大和証券やみずほ銀行それにりそな銀行など大手金融機関もキャンペーンとはいえ条件付きで口座管理手数料を無料化する動きが広がっていました。

感じること

このニュースを知り、感じたことをお話ししたいと思います。

メインの証券会社なので素直にうれしい

私は口座管理の簡素化のためメインの証券会社であるSBI証券にリスク資産はすべてまとめています。

そのためiDeCoもSBI証券さんにしていたのですが、口座管理手数料の面だけが唯一頭に引っ掛かっていました。

そのため、預かり資産の大小にかかわらず口座管理手数料が無料となったことは1ユーザーとして素直に喜びたい気持ちです。

やはり後追いで実現

ライバルの楽天証券さんが10万円以上で口座管理手数料を無料と打ち出したときには確定給付年金導入企業に勤務する私は正直「しまった」と思ってしまいました。

以前の記事でも書いたのですが、メインの証券会社であるSBI証券にほぼ決め打ちで口座を開設してしまったからなのですが、現在キャンペーンで無料なのが恒久化されると私にとってはベストなチョイスとなります。

SBI証券さんはサービスの改善や手数料のディスカウントは後追いする傾向があります。

今回も同業他社の動向やビジネス面で口座管理手数料を無料化するのがいいという判断が働いたのかなと感じています。

手数料が完全に無料となったわけではない

この口座管理手数料や移管手数料の恒久的な無料化はあくまでSBI証券さんの取り分が無料となったということです。

そのため国民年金基金連合会や信託銀行へ支払う管理手数料は必要となりますので注意が必要です。

ちなみに毎月かかる費用としては、

  1. 国民年金基金連合会:毎月103円
  2. 信託銀行など:毎月64円

合計167円となっています。

つぎは証券システムとの統合を希望

いちばんの希望だった口座管理手数料が無料化はしていただいてさらなる要望をいうのはちょっと気がひけるのですが、このうえであえて期待したいことを書いておきたいと思います。

私はぜひ現在は別サイトとなっているSBI証券サイトとiDeCoサイトの統合を期待したいと思います。

同じ証券会社内にもかかわらず預かり資産の違いで別サイトとなっているのはやはりちょっと使い勝手がいいとはいえません。

そのため、SBI証券サイトの口座管理画面でぜひiDeCo資産を確認できることを希望したいですね。

すでに楽天証券さんはされていますので、きっと改善をしていただけると信じています。

せっかく取り扱いファンドのラインナップは非常に豊富なのですから使い勝手をよくしていただけたらと思います。

まとめ

今日は今朝知ったSBI証券さんのiDeCoプランの口座管理手数料や移管手数料などが資産額にかかわらず無料になるというニュースを知って感じたことを書いてみました。

この文章を書きながらチェックしたところ楽天証券も早速追従したみたいです。

これからもお互い競い合いながらよりよいサービスを提供していただけたらありがたいなぁと感じています。

では、またよろしくです!

関連記事です。 ついでにどうぞ!

スポンサーリンク

iDeCo

Posted by ひめだか