イオン銀行iDeCo

楽天証券も即追随!iDeCo手数料が完全無料化した件

スポンサーリンク

綱引き

昨日にSBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)手数料が完全無料になるという件の記事を書きましたが、

それに追随する形でライバルの楽天証券も即日iDeCo手数料(楽天証券の取り分)を完全無料化しました。

今日はそのことについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

楽天証券もiDeCo手数料が完全無料化へ

昨日日本経済新聞の記事でライバルであるSBI証券のiDeCo手数料(口座管理費用・口座開設費用などSBI証券の取り分)が完全無料化するという記事を書きました。

それに追随する形で今度は楽天証券さんがiDeCo手数料を完全無料化しました。

楽天証券iDeCoバナー

iDeCo運営管理手数料改定!条件なしで誰でも0円に!:楽天証券HP

もともと緩い条件があった

楽天証券のiDeCo手数料はもともと完全無料に近いものの、ゆるい条件がありました。

それは預かり資産10万円以上というものです。

それを今回は撤廃して完全無料というものになりました。

ただ、以前からも口座開設してから1年間は預かり資産にかかわらず無料ということでしたので、

実質的には以前からも無料みたいなものでした。

その細かい条件を今回はとっぱらって完全無料とした形となります。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」

ライバルSBI証券に追従

これには昨日に発表されたライバルのSBI証券が打ち出したiDeCo手数料完全無料化のニュースにたいして即応した形となっています。

SBI証券iDeCoバナー
SBI証券はiDeCoの手数料がみんな0円に!【5/19(金)から】:SBI証券HP

いままでSBI証券は預かり資産50万円未満は月額324円(短期間のキャンペーンの継続で新規ユーザーは無料になっていた)の口座管理費用が発生していました。

この点が新規参入組である楽天証券のアドバンテージとなっていました。

それが今回いきなりSBI証券が口座管理費用をゼロ円にしてしまったことでSBI証券の魅力が一気にアップしてしまいました。

この件に関しては楽天証券も対応が素早かったです。

SBI証券が2017年5月19日から(発表の翌日)から適応するのに対して楽天証券は5月18日からと即日対応しました。

お互いバナーやページも速攻で作り直してやる気満々な様相を呈しています。

スポンサーリンク

感じたこと

楽天証券のiDeCo手数料が完全無料化するということで感じることを書きたいと思います。

コスト面の競争はユーザーにとってメリット大

まず感じたことといえばお互い顧客を取り合う気が満々だなぁということです。

口座管理費用が無料というものはユーザーに訴えかける最大のメリットとなります。

やはり利用する私たちにとってはありがたいものです。

それを楽天証券・SBI証券の両社がガチンコバトルを繰り広げていることに対しては私たちにとってメリットが大きくなることは間違いありません。

手数料が両社でゼロ円と横並びとなった現在、さらなるサービス面の競争が予想されます。

今後はラインナップの充実に期待

楽天証券でのiDeCoの最大のメリットは証券とiDeCoの資産がシームレスに確認ができるということです。

これは完全別サイトとなっているSBI証券のiDeCoにたいしての最大のアドバンテージとなっています。

やはり資産をわかりやすく表示してくれることは利用者にとってメリットは大きなものとなりますのでこれは素晴らしいことだと思っています。

いっぽうで、ファンド数はとにかくラインナップの多いSBI証券に対して楽天証券はあえて絞り込まれている印象を受けます。

選択肢を増やすためにラインナップがとにかく多いSBI証券かあるいはセゾン投信というユニークな投信があるもののラインナップが絞り込まれている楽天証券か取扱ファンドでも選ぶ必要があるのかなと私は感じています。

私はあえてネット証券でiDeCoをするのであるのならば取扱ファンド数は多いほどいいと思っています。

絞り込むのならば、他の銀行や大手証券会社でもいいのですからネット証券にはとにかく選択肢は増やしてほしいですね。

そういう意味ではこれからはちがった形での競争を期待したいと思います。

ただどちらの証券会社のiDeCoにしても間違いではない。

私はiDeCoの金融機関を選ぶことに際してそう思っています。

まとめ

今日は楽天証券もiDeCo手数料(口座管理費用・口座開設費用)がゼロ円になったということで感じたことをお話ししました。

iDeCoをめぐる楽天証券とSBI証券のガチンコバトルはこれからもあると思いますので、分かり次第記事にしていきたいと思っています。

では、またよろしくです!

関連記事です。ついでにどうぞ!

スポンサーリンク

iDeCo

Posted by ひめだか