読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こつこつとスマートに暮らそう

こつこつとフィナンシャルインディペンデンスをめざす父ちゃんのつぶやき

ブログの記事をストックすることについて考えてみた

ブログ運営

f:id:kotsu2life:20160913211824j:plain

 

はじめに

こんにちは!ひめだかです。
今回は私がブログの記事を書くにあたって記事のストックについてどうあるべきか考えてみることにしました。

諸先輩がたのブログを読んでみるとこのストックについては賛否両論分かれています。

あるプロブロガーの方はストックせずに毎日アウトプットすべきだとおっしゃられていますし、

一方で別のブロガーの方はストックを持つべきだとおっしゃられています。

それぞれの意見に賛同できますので両論について考えてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

ブログの記事のストックのメリットデメリット

記事を更新するにあたってネタをストックすることのメリット、

デメリットを考えてみます。

メリット

一番には心の安定がたもてることです。
毎日更新する!と決意しているので

できる限りは書き下ろした記事をアップしています。

ただ、仕事が立て込んだり体調が悪くなったりして

記事を書くことがしんどくなることがあります。

もっとも休みそうな理由は飲み会ですね。

さすがにへべれけになってまで書く自信はありません。

そのような際にも安定して記事を更新することができるのは毎日更新する

プレッシャーをやわらげることができるのではないかと考えています。

 

デメリット

デメリットとしては手を抜きかねないかということがまず心配しています。

現在は真剣に記事を書いていますがストックが増えると

「ま、ストックがあるからこれでいいや」となりかねません。

つぎにストックが古くなりかねないということです。
記事もある程度は鮮度が命なところがありますので

ストック記事が古くなってしまいがちです。

私の記事のストックに関する考え

ある程度はストックは必要

私の記事のストックに対する考え方ですが、

ストックはある程度は必要だと考えています。

私の記事はダラダラと長いですが時間をかけて書いています。

さらに毎日更新の決意をたてていることもあるので保険として

書きだめることができるときには勢いよく書いておきたいです。

そしてアウトプットを増やすことが

私の文章を書くトレーニングになると考えています。

そして計画的にその知識を披露でき、

参考になる記事を書けるよう頑張っていきたいです。

ただ、記事の新鮮さも必要

書きだめることは必要ですが、古くなりすぎると意味はなくなります。

ニュース記事から取ってきたネタなのにアップしたのは数ヶ月後などということは

完全に自分の落書き帳以外の何物でもありません。

 

私がブログを書く目的は自分の知識を読者の方に読んでいただいて

参考になると思っていただきたいためです。

そのため書きだめるネタは「賞味期限が長いネタ」を書きたいです。

もちろん「保存料は無添加」で書いていきます。

 

結局記事の内容で変えるべき

ノウハウ系の記事に関してはじっくりと時間をかけて

書いていきたいと思っていますのでストックしていき、時期が来ればアップします。

一方で思いつきのネタやニュースなネタの場合は

書き上げればすぐにアップしていきます。

ストック記事は「先入れ先出し」を基本とし、

古くならないように気をつけていきます。

まとめ

記事のストックは自分にとっては保険になりますが

一方で慢心のもとであるとも考えています。

これからは書くことができた記事は極力すぐにアップし、

事情があってアップできないときにはストックした記事をアップしていきます。

記事の管理は難しいものだとあらためて感じました。もし、この記事を読まれた方はストックについてどう考えておられるかお教えくだされば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

Copyright (C) 2017 kotsu2life.com All Rights Reserved.