読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こつこつとスマートに暮らそう

こつこつとフィナンシャルインディペンデンスをめざす父ちゃんのつぶやき

お金を増やすことってとてもシンプルなことなんだよ

f:id:kotsu2life:20160915210732j:plain

はじめに

 

こんにちは!ひめだかです。

今回は「いかにシンプルにお金を増やせるか」について考えてみます。
 ウェブサイトや某掲示板のマネー系のスレを読んでみても「お金がない」系の記事が多いのです。

それはなぜかと考えてみると人間にはさまざまな欲望や見栄があります。

いいものが欲しい、いい車がほしい、海外旅行に行きたい・・・などなど。しかし使えるおカネは限りがあります。

となるとどこかで「線引き」をしなければなりません。

今回は「線引き」ができるよう判断できるお手伝いができるといいなと考えています。

では、方法をみてみることにします。

スポンサーリンク

 

まずは「ちょっと」節約すること

「線引き」というと難しい!あれも欲しい!というあなた、このままではずっと「お金がないあなた」から脱出することはできませんよ。

そこで大事なすべきことが一つあります。それはまずは「ちょっとだけ」節約することです。

節約することって大変なことと思われますが、まずはお給料が入ったらその日のうちに(これが重要!)お給料としてもらった10%のおカネを普段使っている口座から引き出して別の口座へ移してしまいましょう。

もし1つの口座しか持っていない場合は通帳に付属の定期預金口座でもOKです。
できることならば財形貯蓄や積み立て定期預金を設定することによりもとから「なかったもの」としておけばベターです。

そして残りのお金で生活してみてください。

これを継続することにより「まったくお金がない」状況は脱出することができます。

「給料日前にお金がない!!!」という状況はなくなると考えてください。

ただし、これだけではあくまで「お金がまったくないわけじゃない」程度で止まってしまいます。それを乗り越えるためには次に書く「投資すること」が必要となります。

スポンサーリンク

 


次に「ちょっと」投資すること

 株式相場や為替相場はつねに相場が上がったり下がったりしつづけています。

そのなかで投資するということは相場が上がって(下がって)もらわないと困るわけです。


 「ちょっと節約すること」では10%の節約をしてくださいと書きましたが、

これではおカネは残念ながら現在のところ増えません。

なぜなら現在のメガバンクの預金金利では普通預金が0.001%、定期預金でも0.01%と横並びの状態です。

これでは「タンス預金」や「10万円貯まる500円玉貯金箱」と同じです。


そのため現在では投資を行うことがおカネを増やすためには必要なことであると考えています。

ではどんな方法で投資すればいいでしょうか?株式もある、FXもあるいろいろな商品の中で私がおすすめすることは

「少しずつ」「長期的」に投資すること です。

相場は上がる時もあれば暴落する時もあります。

必要とはわかっていてもそのような荒海に自分の大事なおカネを委ねることって怖いですよね?

そこで「少しずつ」「長期的」に投資する必要があるのです。
「少しずつ」って最低どれくらいの金額と想像できますか?それは「500円」です。

この500円はネット証券で投資信託が積み立てできる最低金額なんです。

この少しのおカネを荒海に委ねるのです。株式市場では短期的に50%程度の損失が出る可能性があります。

これを自分の全財産を投げ込んだらどうなるでしょう。

運が良ければボロ儲けできるかもしれませんが、運が悪ければすってんてんになって泣くに泣けません。


 泣くに泣けない状況になれば「投資なんかするんじゃなかった」となってしまうのも目に見えています。

そこで損失がでても我慢できる金額を投資するんです。

500円なら半分になっても250円の損です。毎月毎月何回も何回もこれを繰り返すのです。

これを「長期的に」繰り返すことで自分の損しても我慢できる力をつけることができます。

 まとめ

今回は預金だけではなくてすこし投資の世界へ踏み出してみるとお金を貯める以外にも増やすことができることをお話ししました。

どのような方法で投資していけば良いかはまた次の機会にお話ししたいとおもいます。

 

では、またよろしくです!

スポンサーリンク

 

Copyright (C) 2017 kotsu2life.com All Rights Reserved.