イオン銀行iDeCo

スマホが全盛の今あえてガラケーのメリットを考えてみた

2017年6月25日

スポンサーリンク

f:id:kotsu2life:20161028064048j:plain

今回はスマホ全盛の今にあえてガラケーを持つメリットについて考えてみたいと思います。

スマホって便利なんですけどいろいろデメリットもいわれるようになりました。

私も以前はiPhoneを持っていたのですが、ガラケーにあえて戻って結構快適につかっています。

では、まずはスマホの便利さについて考えてみましょう。

スマホって便利なようだけど

スマホは非常に便利なアイテムですよね。私もかつては愛用していましたので魅力はよくわかります。ここであえてデメリットをあげてみます。

持ち運びが不便

電話機としてみれば結構持ち運びは不便ですね。

  • ポケットに入るのか入らないのか微妙なサイズ
  • 最近流行の手帳型のケース

カバンに入れて「情報端末」として使うのならばちょうどいいサイズですが、電話として使う場合には大きすぎたり持っている姿がアンバランスになってしまいます。

歩きスマホ

私も以前やっていました(苦笑)歩きスマホ。

歩きながらネットするってとても楽しいんですよね。

しかしながら最近は歩きながらだけではないツワモノもいまして・・・高校生なんですけど

チャリに乗りながらイヤホンをして音楽を聴きながらスマホいじり

すごい子もいるものです。

スマホいじりに熱中しすぎて周りが見えなくなって事故やトラブルの原因となるということはデメリットの大きな一つではないかと思っています。

寝るときに見てしまう

意外とあるのがこれですね。

目覚し時計がわりに使っていると寝る前にちょっと気になることがあってネットをいじっていたら寝るのが遅くなってしまった、こういう経験ありませんでしょうか。

また、スマホから発せられる光によって寝つきが悪くなるという話もありますね。

そして寝が浅くなってしまうことも結構辛いことだと私は思います。

ガラケーのメリット

古臭く世の中からは過ぎ去ろうとしていたけどなかなか減らないガラケーのメリットとはどのようなものでしょうか。あえてみてみたいと思います。

持ち運びがスマート・頑丈

今のスマホのサイズと比較して非常に軽量・コンパクトとなっています。

電話がかかってくるとパカっと開いて即電話できたり、パナソニック製のガラケーの場合ワンプッシュで開いて通話ができます。

サイズもスマホと比べて非常にスマートですので電話機として使う場合にはベストなサイズではないかと思います。

重量も軽いので通話していても重くて疲れるということがありません。

スマホは液晶画面上にはガラスが貼ってあって落としちゃうと割れちゃいますね。

ガラケーはそんなことは関係なく、落としてしまっても全く問題がありません。

そりゃ当たりどころが悪ければ壊れますけど。

落とした上に蹴ってしまっても傷だらけになるだけで壊れないタフさはなかなかのものです。

セキュリティ上安心

スマホは良くも悪くもネットとつながっています。

これにより恩恵をうけることが多いのですが、一方で情報漏洩の心配もあります。

Android機でウイルスに感染したものなら目も当てられないことにもつながります。

ところがガラケーはインターネットにあえて接続しない限りは携帯電話会社のネットワーク内で通話したりメールをしたりすることになります。

このことにより端末上のデータがウイルス感染等で流出する可能性がスマホに比べていちじるしく減ることになります。

ですのであえて漏れるとちょっとまずいよなと思うパスワードの一部を保存したりすることにも向いています。(私はこれと手書きの併用でパスワード管理をおこなっています。)

あともう一つ大事なことがあります。

最近地震や災害が多いですよね。

ガラケーだと緊急地震速報やエリアメールが自動的に送られてきます。しかも基本料も無料ですので身の回りに置いておくともしもの時にはちゃんと知らせてくれますので安心です。

夜寝ることに集中ができる

以前はガラケーしかなかったのでこれを握りしめて夜にケータイいじりをしていた時期もありました。

ただスマホに比べてネットしながらLINEしたりできずにシングルタスクなため目覚し時計としての効果は高いですね。

つまり寝ることに集中できます

これって結構重要ではないでしょうか。

維持費が安い

最大のメリットがこれではないかと思います。

格安スマホが広がっている現在でもガラケーの維持費の安さは抜群です。

ドコモの場合「タイプシンプルバリュー」プランならiモードの基本料とセットした場合「ファミ割マックス50」、「ひとりでも割50」を適用すると基本使用料が月額1,043円(税別)で使えてメールし放題です。

通話付きプランもタイプSSバリューの場合1000円分の無料通話込み(「無料通話」という表現は好きではないですが・・・)「ファミ割マックス50」、「ひとりでも割50」を適用すると基本使用料が月額934円となります。

各社のガラケーの「シンプルな料金プラン」は以下のリンクをご覧ください。

www.nttdocomo.co.jp

www.au.kddi.com

www.softbank.jp

ですので今持っているスマホを携帯電話会社(キャリア)のプランから格安スマホに切り替えて通信専用にしてガラケーを1台持つと1台でスマホを持つよりも安くなるケースがあります。

とくに動画をあまり見ないで2ちゃんねるやLINEなどのテキストベースのデータ通信がメインの方はぜひ2台持ちにしてみてください。

キャリア押し付けのプランよりも通信料を絞った分安くなりますのでぜひ検討してみることをおすすめします。

まとめ

今回はガラケー保有のメリットをあえて考えてみました。

最近は格安スマホにおされてキャリアからガラケーの料金プランが拡充されてきていますが、従来のプランで十分格安・便利に使えると思います。

ガラケーはスマホと比較して良くも悪くもシンプルですので持っていて安心なものです。

一旦手放された方も一度そのメリットを再確認してみてはいかがでしょうか。

では、またよろしくです!

スポンサーリンク