読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こつこつとスマートに暮らそう

こつこつとフィナンシャルインディペンデンスをめざす父ちゃんのつぶやき

はてなブックマークのホットエントリー入りして右往左往したことをまとめてみた。

f:id:kotsu2life:20161031055520j:plain

はじめに

こんにちは!ひめだかです。

先日私がアップした記事がはてなブックマークのホットエントリーに入ったことで急激にアクセス数が急増してびっくりすることになりました。

そしてこのことが私にとって反省すべきことや次に生かしていかなければならないと感じたことがたくさんありましたので今日はこのことを記事にしてみたいと思います。

スポンサーリンク

突如すごいアクセスになったのはこのページ

先日この記事をアップした直後からアクセスが急増してしまいました。

www.kotsu2life.com

いつものようにはてなブックマークがつくとうれしくなってセルクマを1回しましてはてブが3つになることを喜んでいました。するとブックマークをつけていただく数がが急増していきました。

背景としてはMacBook Proの新製品が発表されたのとタイミング的には同じだったのかはたまたタイトルに興味をもたれたのかはたまた内容的にいけてなかったのかわかりませんが突如としてアクセスが急増してしまったわけです。

アクセスのグラフとしてはこんな感じになっていきました。

f:id:kotsu2life:20161031054850p:plain もともと私のブログは1日200PV程度のブログですから1日にその5倍の1000PVになってしまうことには慣れていませんでした。

アクセスをみるたびにあれれ???なんじゃこれと感じました。

そのとき私はどうだったか

この突如としてやってきたアクセスの急増に私がどうなってしまったのかをまとめてみます。

まぁ、いろいろ感じましたね。

びっくりした

まず感じたのはこの「びっくりした」ということです。

もともとブログ開設以来バズった経験などなく、地道にアクセスが増えていきました。

検索流入とはてなブログの読者の方のアクセスで一気に増えることなくじわじわ増えてきていました。

この状態が私にとっては非常に気持ちが良かったのです。

最初の見てくれない感から脱出してちょっとずつアクセスが増えてきている。それがとてもうれしかったのです。

それがいきなり1週間分のアクセスが2日間で達成されちゃいました。

その気持ちというのはたった一言

びっくりした

のひとことにつきます。

焦った

次に感じるのが焦りです。

ブログのダッシュボードにアクセスするたびに増えて行くはてブの数。

うれしい反面

本当にいい記事なのだろうか・・

と不安になっていきました。そして焦っていきました。これはどうなるのかなと。

スポンサーリンク

きびしいコメントが続いたのでもう終わって欲しいと思った

その不安は現実のものとなりました。

やはり記事としての詰めが甘いため厳しいコメントが入っていきます。

Mac系の記事は読者が多いのか今まで感じたことのないくらい厳しいコメントをいただくようになりました。

そして最後にはアクセスが増えることがうれしいことではなく

早くこの嵐が終わって欲しい

と感じるようになりました。この時点になるともうダッシュボードにこまめにアクセスすることなくはてブの存在を気にすることはなくなりました。

その後私にとってお祭り状態は収束し、再びもとのアクセスに戻ってきました。

まだまだだなぁ・・・

本来ならば喜ばなければならないアクセス急増。

私はまだまだ修行が足りないことを実感しました。

つまり批判コメントに耐えられる努力をすべきことを

はてなブログにいる限りにはアクセスをアップさせるメリットとして享受しているはてブのホットエントリー入りですが、同時にそれは批判も受け入れるべきだということを再認識しました。

そういう意味では私はまだまだ多くのアクセスを受け入れる器にはなっていないということです。

これを受け入れられるようになるにはもっともっと記事を書いてその経験が増えるかどうかわかりませんが地道に慣れていくしかないのかなと思っています。

最初は怖かったのですが、今になって考えると読み心地のいいコメント、そしてちょっと苦しいコメントそれぞれを見てみて自分の記事作りに生かしていかないといけないと感じました。

そして、毎日記事をアップすると来るかもしれないこういった機会がやってきたときには、心の平静さを保ちながら批判コメントも受け入れることができるように、もっと良い記事をコツコツと書いていくべきだということを実感しています。

まとめ

今回は私が経験したアクセス急増の経験をお話ししました。

私はこれが俗にいう「バズった」状態ではなく、単なるアクセス急増だと思っています。

アクセスが増えたと同時にうれしいコメントばかりではなく厳しいコメントもいただくようになります。これを受け入れられるようになること、そして自分の文章をもっといいものにしていかなくてはならないとも感じました。

最後にはてなブックマークに登録していただいた方、特に厳しいコメントを送っていただいた方ありがとうございました。

何かのご縁でこのブログにアクセスしていただいたのですからまたの機会があれば読んでいただけると非常にありがたいと思います。そしてその際にはぜひコメントをよろしくお願いいたします。

では、またよろしくです!

スポンサーリンク

Copyright (C) 2017 kotsu2life.com All Rights Reserved.