読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こつこつとスマートに暮らそう

こつこつとフィナンシャルインディペンデンスをめざす父ちゃんのつぶやき

字が汚い人ほど手書きのメモ帳に記録すべき3つの理由

f:id:kotsu2life:20161102055514j:plain

はじめに

こんにちは!ひめだかです。

字が汚い方、メモをとられるときってスマホやパソコンに記録しようとしていませんか?

これって自分の身についていない可能性が高いと思います。

あえて手書きにすることによって自分のメモがよりよくなることを今回は考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

そのメモ、活用できていますか?

アプリでメモをつけるときれいし検索も簡単にできますよね。

でも、意外とつけることに満足してはいないでしょうか。

見栄えはきれいけど覚えていますか?

メモアプリの場合入力は通常のフリックやタイピングでおこないます。

これって意外と入力したものの覚えていないことが多いです。

私は字が非常に汚いせいもあり検索性も考慮して以前から記録するものはパソコンやスマホ上に記録していくことを目標にしてきました。

しかしながらそんなもんぜーんぜん役に立たなかったんです。

なぜなら私の性格的なものかもしれませんが、入力することに満足してしまったからです。

一所懸命ぽちぽちと入力してばんじゃーいヽ(´▽`)/ となって、それで終わり。

残ったのは見返されないデータたちだけです。

こうしているうちに役に立つようなものができていきました。

役に立ったものはどんなものかって?

それは

手書きのメモ帳ですよ。

身もふたもないと思いませんか?

これからその理由をご説明します。

メモを手書きにするといいこといっぱい!

書くと覚える

メモをあえて手書きにするとメリットが意外とあることに気がつきます。

最初のメリットは「書くと覚える」という点です。

受験の際英語の構文をゴリゴリ書いて覚えたことはないでしょうか。

まさにあれです。

殴り書きでも人の頭って意外と覚えているものです。しかも自分の手で書いていくと必要なデータがどこにあるのか覚えていますので調べる際にもメモ帳をパラパラめくったらすぐに出てきます。

スポンサーリンク

一覧性が高い

あたりまえなのですが、手書きのメモ帳にはどんなことを書いても構いません。

すると文字や絵、そして表などが簡単にかけます。

もちろん他の人には見せませんので絵心がない、かっこよくない、そんなの一切おかまいなしです。

自分のわかりやすいように書けばいいのです。

すると自分の考えが不思議とまとまってくるんですね。

あとは何かの機会にぱらぱらとめくるだけで調べることができます。

セキュリティ上有利

これ意外とアリです。

字が汚い人ほどセキュリティ上有利だと思いませんか?

だって自分が読めないかもしれない文字を書くときがありますけどこれって言い返せば

他の人にはもっと読めない文字

を書いていると考えると思えるのです。

私は仕事柄お客様からの手書きの申込書を入力する機会があります。手書きですからきれいな字を書かれる人もいればきーーーったない字を書かれる人もいます。

すると後輩の子がやたらに聞いて来るんです。

この字なんて読むのですか?と。

字が汚い人が殴り書きしたものほど他の人は読めません。

これを逆手にとるとセキュリティ上有利なメモが作ることができるんじゃないかって思うのです。

手書きのメモを書く際にはだいたい殴り書きですのでぐちゃぐちゃーっと書きなぐったら他の人は読むのに苦労しますが自分は読むことができます。まるで

自分で呪文書をつくっている

状態になりますね。

私はこんなメモを使っています。

いろいろとメモ帳をわたりあるきましたよ。

ページがたくさんなもの、ノート、いろいろあります。

でも今一番はまっているのは

A7版のノートです。

今使っているのは2冊で100円。セリアで買いました。

これだと胸ポケットに入ります。ですので肌身離さず持ち歩くことができます。

胸ポケットがない場合はズボンのポケットにブチこみます。そして気が付いた時にぐちゃぐちゃーっと書きなぐっちゃいます。たったこれだけです。

そして大事なのが

情報を集中させる

ことです。

仕事のネタ、ブログのネタ、いろいろと一つのメモ帳に集約させていって今感じたこと、記録しなくちゃいけないことを殴り書きしていくのです。

そうすることで自分に必要なことがパッと取り出せるようになります。

これが目的別で作っちゃうとめんどくさくなってしまいますから一つのメモ帳に集中して書いていくことをオススメします。

もう一つ気をつけておきたいことがあります。

それは情報を訂正する際に消さないことです。

気に入らない情報があると消しゴムで消したりあるいは紙を破ってしまいがちですが、あえてこの状態を残しつつ

大きく×を入れたり訂正線を引いたりして

新しい情報を追加していってください。

このほうが考えが広がってより良い結果になりますので。

まとめ

今回は手書きのメモを見直してみようと思い記事を書きました。

アプリやスマホのメモ帳ではなんだかなぁと感じていたのですが、手書きのメモ帳を再活用することによって自分の頭の中にあるものを書き出せている気持ちにさせてくれます。

そして切り取った情報が再び自分の頭の中に入って行くことを実感しています。

今回紹介したメモ帳なんて2冊で100円です。

気軽に試せますので一度自分の思いついたことを書きなぐってください。

では、またよろしくです!

Copyright (C) 2017 kotsu2life.com All Rights Reserved.