読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こつこつとスマートに暮らそう

こつこつとフィナンシャルインディペンデンスをめざす父ちゃんのつぶやき

長期投資家が今の相場でできるたった一つのこと

f:id:kotsu2life:20161110055144j:plain

はじめに

こんにちは!ひめだかです。

アメリカ大統領選挙において共和党のトランプ氏が当選を確実にしたことにおいて市場が混乱しています。

個人投資家の方で今回の相場の混乱で不安を感じておられる方やあわてて持っている資産を売却しようかと思ってらっしゃる方がいるかもしれません。

ここは落ち着いて今どのように対処すべきかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

今回の状況でもうろたえないことが大事

トランプ氏が大統領選を制したことによって株式市場、為替市場が大荒れになっています。

最近のアベノミクス相場から投資を始められた方は不安な方が多いと思います。

不安に感じながら損が膨らんでいく、ここで損切りしなくちゃと考えられる方が多いとは思いますがこれだけは私は言いたいです。

まずは落ち着いてください。

このような相場は投資を行なっていると1年間に何回もあります。

思い出してみてください。つい最近のできごとを。

イギリスがEUから離脱するかどうかを決める選挙のときのことです。

このときも相場は大荒れに荒れました。

日経平均株価も一時1200円以上値下がりしましたし、ドル円も1日で4円近く円高になりました。

大統領選直前をみてください。日経平均株価も17000円を回復したりしているじゃないですか。

まずは1ヶ月間落ち着いて市場の動向がある程度決まってくるまでは損切りすることがやめた方がいいと思います。

それからゆっくり考えて自分の投資している方針や投資割合が適切だったかを考えてみてください。

長期投資の世界でよく言われる例えなのですが、今の大統領選にまつわる市場の動きをみて眠れなかったりした場合は投資にまつわるリスク許容度にたいするリスク(値動きの幅)が高すぎると思います。

この場合はもっと値動きのゆるい債券への投資割合を増やすことをおすすめします。

ただこういった投資割合の変更を今慌ててする必要はありません。

トランプ氏が大統領就任してからしばらくたってから落ち着いて考えればいい話です。

今はじっと嵐が過ぎ去ることを待つ、これが一番重要な対策であると思います。

スポンサーリンク

どうすればいいか

この嵐を過ぎ去ることを待つにはどうすればいいかを考えてみます。

といっても大したことはありません。

市場動向をみないことです。

不安に駆られてヤフーファイナンスや2ちゃんとか見ていませんか?お仕事そっちのけで株価や為替の動向をチェックしていませんか?

そんなことをしていてカブよ上がれーと念じていても何も相場は変わりません。このような状況下ではプロもアマチュアもみんなマーケットの嵐に翻弄されるものです。

私たち個人投資家ができることはただひとつ。

市場が落ち着くまでその場にとどまることです。

ここであわてて逃げ出してもろくなことがありません。

私はインデックス投資だけではなくおこづかい稼ぎとしてFXをちょこっとやっています。

1日のチャートの値動きを参考までにご紹介します。株式投資をされている方も「おれはFXしてないから関係ない」とは考えないでください。あくまで相場の動きをイメージしたものですので。

昨日の朝から今朝までの1日の値動きはこんなに荒いものです。

f:id:kotsu2life:20161110055529j:plain

トランプ氏の当確が出たときには1ドル105円40銭から101円40銭程度まで4円も円高になりました。それが1日も経たないうちに105円80銭まで値が戻っています。

むしろ選挙速報がヒラリー氏優位と言われる時よりも円安になっています。

1日でこれだけ荒い値動きをするときに慌てて投げ売りするとろくなことはありません。

じっと嵐が過ぎ去るまで待ちましょう。それでいても損が出たときにはそのときにゆっくりとこれからどうしようかと考えるといいと私は思います。

それでも不安に感じられる方がおられたらこうしてください。

今見ている株価や為替の画面を消してください。

パソコンで見ている方ならばそっと画面を閉じる、スマホで見ている方は待ち受け画面にしてカバンやポケットに入れてください。

このようなことで不安になっても仕方がありませんので相場を気にしないことが大切です。

まとめ

今回はトランプ氏が大統領選挙を制したことによって市場が混乱していることに際して私たちができることを書いてみました。

結局のところはたいしたことはできません。それならば慌てて動くよりも市場の動きに流されながらゆっくりとこれからの投資はどうしようかと考える方がいいと思います。

損切りや投資割合を変えるのはその後でいいと思いますので今はこの嵐が過ぎ去ることをお互い待ちたいものですね。

お約束となりますが、この記事は私の独断と偏見で書いていますのであくまで自己責任で判断をおねがいいたします。そこはご理解くださいますようお願いいたします。

では、またよろしくです!

Copyright (C) 2017 kotsu2life.com All Rights Reserved.