ボーナスでの衝動的な買い物はおすすめしない3つの理由

スポンサーリンク

ボーナス

そろそろボーナスが支給され始める季節ですよね。

ボーナスが支給されて気持ちが舞い上がってしまい、ときには大きな買い物を衝動買してしまうってことはないでしょうか。

今回はちょっと落ち着いてボーナスが出た際に考えておきたいことをまとめてみたいと思います。

ボーナス目当てに買い物をするのはやめよう

ボーナスが出た時期にいつも私が自分に銘じていることがあります。それは、

ボーナス目当てで買い物をするのはやめよう

ということです。

ボーナスとは数十万から数百万(もらえるひとはまじすごいなと思ってしまいます)

一気にポン!といただけるものです。

普通ならば気持ちが大きくなってしまってそこまで必要ではないものを衝動買するってことがあるとおもいます。

私も新入社員のときなどはまさにそうでした。

クレジットカードで気軽に買って、後日請求書をみて青ざめるといったことがよくありました。

そこでボーナス目当てで衝動買してはいけない理由をいくつかピックアップしてみましょう。

そう思う理由

ではなぜボーナスだからといって衝動買いをしてはいけない理由をあげてみます。

本当にに必要かの判断力がぶれるから

ボーナスをいただくとどうしても舞い上がっちゃいますね。

もうン十回もいただき続けている私ですら舞い上がっちゃいます。

ボーナスをいただいたときと同じようにおそってくるのがむだづかいの衝動です。

いきなり貯金残高がぐっとアップするのですからどうしても気が大きくなってしまうもの。

その勢いでほんとうに必要なのかどうかを考えることなくポーンと買っちゃう可能性がどうしてもでてきます。

そして後日なんでこんなもの買ったんだろう・・・ということにもつながりかねません。

つまり自分にとって必要なものかどうかの判断力が激増した貯金残高や支給明細書をみてぶれてしまっているのですね。

必要なときには不意に襲ってくるから

2つ目の理由はお金が必要なときはいつやってくるかわからないからです。

このパターンで一番多いのが冠婚葬祭、とくに結婚式です。

結婚式は友人の場合1回参加すると概ね3万円が祝儀として必要となります。(地域差はあると思いますが・・)

ちょっとしたガジェット1台位は買えるくらいの金額です。

さらに遠方ならば交通費や宿泊費も発生します。

新郎新婦側から御車代を頂ける場合もありますが、あまりそれを期待しすぎるのもどうかと思いますのでアテにはできないですね。

トータルすると衝動買いをするくらいの金額があっという間に吹き飛んでしまうことになってしまいます。

しかも結婚式は春や秋といったボーナス前に行われることが多いので余計につらさが出てきます。

冠婚葬祭以外にもパソコンや家電が壊れた!といった急いで買い換えないといけない事態も発生します。

こちらも思いがけない時期に思いがけない金額が必要になるものです。

投資資金の確保がむつかしくなる

私のブログを読んでいただいている方は概ね投資に取り組んでいる、あるいは取り組みたいと思われている方が多いと勝手に思っています。

ボーナスというのは貴重な投資するための原資です。本当に貴重な種銭です。

このいわば虎の子を無駄遣いしてしまい、全部使ってしまったということになればいつまでたっても投資に踏み切ることができません。

また投資を行っていない方でも貯金はされていると思います。

その場合でもボーナスは自分の貯金残高をアップさせる貴重な機会ですね。

投資や貯蓄の絶好の機会を衝動買いによって失うのは非常にもったいないことだと私は思います。

私なりのボーナス活用法

では私ひめだかがどのようにして頂いたボーナスを取り扱っているかをお話しします。

もらう前に財形貯蓄

まずは第1段階として財形貯蓄を20万円設定しています。

つまりボーナスをもらうまえに20万円強制的に貯蓄をするという仕組みにしています。

これは新入社員の時からつづけていることなのですが、これだけでもある程度の資金を確保することができます。

なので新入社員のときの手取りボーナスは本当に少なかったものです・・・でもこれが私の資産形成に大きな役割を果たしてくれていますからバカにはできません。

子供名義の投資資金の確保

つぎに行うことが子供名義のインデックス投資のための資金確保です。

私は子供名義の証券口座で月1万円積み立て投資をおこなっています。

積立投資に必要な資金はこのボーナス時である6月と12月に6万円ずつ証券会社に預けるようにしています。

毎月1万円確保することは結構めんどくさいのですが、ボーナスならば結構気楽に資金確保することができますのでまとめて払い込むという習慣になってしまいました。

それを毎月ドルコスト平均法で積み立てるようにしています。

残りはいつもどおりの暮らしで使う

私はボーナスだから〇〇を買う!ということはしません。

残りは普段の暮らしで必要なときに必要なものを買うようにしていますのであとはほったらかしです。

必要なときに必要な金額とは意外と高くつくものなので、これでいいのではないかと思っています。

そのかわり必要なときには思い切って出費するように心がけています。

まとめ

私のボーナス活用法などをご紹介したりしましたが、

ボーナスをもらったからといって衝動的に買い物はやめたほうがいいと思います。

いろいろと熟慮の末の結果ならば問題ないのですが、気が大きくなって

自分へのごほうびといった悪魔のささやきにのってここはちょっとだけ心を鬼にしておいて落ち着いたときに本当に必要なものを買っていただきたいと思います。

そうすることによってせっかく頂いたボーナスをより大切に使えるのではないでしょうか。

財布が潤う季節ですが、ちょっとだけ使う前に参考にしていただければうれしいです。

では、またよろしくです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてくれたらうれしいです!