P-one Wizカードをメインで使っている私がレビューしてみたよ

シェアしていただけると喜びます!

スポンサーリンク

p-one wiz

今回は私がメインで使用しているクレジットカードP-one Wizカードについて実際に使った感想をお話ししたいと思います。

高還元率カードをもとめてさまよっていた私が今の所落ち着いているのがこのカードですが、非常にクセのあるカードですのでいいところ悪いところ含めてご紹介したいと思います。

P-one Wizカードの特徴

私がメインとして使用しているP-one Wizカードの特徴についてお話ししたいと思います。

まず、P-one Wizカードについてはこちらをごらんください(公式サイト)

詳細はさまざまなブログで紹介されていますのでメインで使っている私なりのメリット・デメリットをご紹介します。

ここがGood!

無料

まずは長所からみてみましょう。

このカードは無料です。

無料なカードはこのご時世さまざまなカードがありますが、還元率が高いカードというものは無料のカードというとグンと減ってしまうんですよね。

以前使っていたのは漢方スタイルクラブカードというものを使用していて結構便利に使っていました。

ただこのカード会費がかかるんですよね。年間1,500円(税別)

還元率が高くても会費がかかるカードと会費が無料なカードを比較してみると当然ユーザー側としてみれば会費が無料の方がいいですよね。

そのため現在このP-one Wizをメインカードとして使用しています。

1%OFF&Tポイントの高還元

無料のカードはちまたにたくさんあることはお話ししました。

ではどうしてこのカードを使用しているか。

このカードは無料のくせに還元率が高いから。これにつきます。

このクレジットカードを発行しているポケットカードはP-oneシリーズのカードをいろいろと発行しています。

その特徴がこれです。

請求時に1%割り引いて請求される

通常ならばクレジットカードは利用高に応じてポイントが発行され、このポイントを使うことで還元されるという仕組みとなっています。

このカードはその手間がなく、ポイント発行の代わりに請求金額から1%差し引いた金額が請求して終わりという珍しいカードなんです。

ここで終わったのならばクレジットカード20年間渡り歩いた私は食指が動きません。

このP-one WIZカードはこの1%OFFに加えて

0.5%分Tポイントがもらえる

という特徴をもっています。

Tポイントは他のPontaや楽天ポイントと同じくさまざまな企業が参加したポイントプログラムの一角ですが、先行していたこともあり使える企業はいちばん多くなっています。

Yahoo!ショッピングでもTポイントが使えますので個人的にはいちばん使えるポイントだと思っています。

これが追加で還元されるのですから非常にお得なんです。

この0.5%分の追加還元分があるため私は漢方スタイルクラブカードから乗り換えました。

ここがBad!

そんなP-one Wizカードなのですがかなりくせのあるカードなんです。

使って感じるくせをご紹介します。

リボ専用カード

なんといってもこれにつきます。

このカードはリボ払い専用カードなんですね。

先ほど還元率が1%OFF+0.5%ポイント還元のお話をしました。

この0.5%分がリボ払い専用カードとしての追加ポイントとなっています。

リボ払いはご存知の方は多いと思いますが、ざっくりいいますと

毎月の金額を一定(5000円とか低金額)にする代わりに手数料という名の利息をずーっと取られ続けていくシステム

です。

その手数料のうちほんの一部を還元しているのが0.5%分のTポイントなんです。

ですのでこのカードがどのようになっているか、システムをきちんとわかった上で使わないとミイラ取りがミイラになってしまいます。

ポイント管理が難しい

通常のクレジットカードならば利用金額に応じてポイントがたまる仕組みとなっていますので、

ポイント残高をみてプレゼントに交換しようとか値引き券を発行してもらおうかとか考えますよね。

このカードは違います。

値引き分とポイントを別々にみなくてはいけない

特徴があります。

1.5%請求金額から値引きされるわけではありませんのでぱっと見0.5%の還元しかないように感じてしまう可能性があります。

0.5%分のポイントは利用時間に制限があるサイトでの手続きが必要となり結構めんどくさいです。

ネットカウンターが超不便

クレジットカードをよく使う方ならばカードのポイント還元などの手続きをネットでおこなうのがもはや当たり前なのですが、

ポケットカードのネット手続きサイト「ネットカウンター」が超不便なんです。

マネーフォワードなどのアグリケーションサイトを利用されている方も多いとは思いますが、このサイト

ログインするたびに画像認証が必要です。

あのぼやけた文字を見て入力するあれが毎回必要となります。

そしてTポイントに交換するサイトも制限時間があり24時間ではありません。

保険がらみがしょぼい

P-one Wizカードは「還元率 命」になっているためかコスト削減されている箇所があります。

それが付帯保険です。

このカードに付帯している保険はショッピングプロテクトのみとなっています。

通常のカードならばほぼ標準で付帯している旅行保険が付帯していません。

旅行へ行かれる機会が多い方は気をつけた方がいいと思います。

私はあまり旅行へ行かないので関係がないのですが・・・海外へ行く時には別途保険をかけます。

こんな人におすすめ

そんなこんなでカードの長所短所をご紹介しました。

それではこのカードを使うのにオススメな方はどのような方か考えてみました。

お得なカードを探している人

なんといってもこれでしょう。

手間やシステムを理解した上でお得なクレジットカードを使いたいと思っている方がまずあげられます。

このカードの特徴である

  • 1.5%の還元率
  • 無料
  • ポイントがTポイント

この3点のメリットを理解できる方はかなりクレジットカードをご存知の方だと思います。

これが揃ったカードはなかなか見つかりません。

1.5%の還元率でも会費が有料(例:漢方スタイルクラブカード)であったり、

還元率は高くてもポイントがPonta(例:リクルートカード)である、

などと高還元率カードは何かと難しいところがあります。

それが揃ったカードがP-one Wizカードなんです。

しかもリボ専用カードですのでリボ払いから一括払いに切り替える必要もあります。

高還元率のためならば手間を惜しまない方(といってもネットで手続きをするだけなのでたいしたことないですが)

にはおすすめなカードとなっています。

リボ払いしかしないからとにかくお得なカードを探している人

つぎにおすすめなのが先ほどのカードの真逆のパターンです。

普段リボ払いなのでお得なカードが欲しいという方です。

私はリボ払いは絶対にしませんしおすすめもしませんが、リボ払いをしてでも月々の支払金がを抑えたいというニーズがあるのも理解しています。

こういう方にとっては

このカードの特徴である

  • 1.5%の還元率
  • 無料
  • ポイントがTポイント

なカードはあまりみられないのでお得なカードだと思います。

くせはあるけどおいしいカード

いろいろと書いてみましたが、なんだかんだいってこのカード

くせが強いけどその分メリットもあるカード

です。

お得に使おうとするとなにかとメンテナンスが必要なのですが、ちゃんと向き合えばとてもいいカードです。

またポイントが多いし無料で、しかも共通ポイントの最大手Tポイントなのですから事実上現金と同等に使えますので無駄がありません。

ですので還元率と会費などを考えてメリットのあるとお考えの方は乗り換えを考えて見てもいかがでしょうか。

ただカードが届いてから手続きがいろいろとありますのでその手間を惜しまれる方にはおすすめできませんので注意してください。

まとめ

今回は私がメインカードとして使用しているP-one Wizカードについて実際に使ったうえでのメリット・デメリットをご紹介しました。

いいところ悪いところを書きましたが現在のところ安心して使えていますのでおすすめです。

そんなカードですが、メリットデメリットを読んでいただいていいなと思っていただけたらぜひ作ってみてください。

では、またよろしくです!

関連記事です。ついでにどうぞ!

スポンサーリンク

シェアしていただけると喜びます!

フォローする