イオン銀行iDeCo

3万円で60キロのふるさと納税米はいまでもなお阿南町が一番だと思う理由

2017年1月22日

スポンサーリンク

f:id:kotsu2life:20170120061459p:plain

出典:阿南町ウェブサイト

今回はふるさと納税米のさきがけである長野県阿南町のふるさと納税についてお話ししたいと思います。

今は多くのお米をいただける自治体が増えました。

それでも私は阿南町のふるさと納税が一番好きなのです。

その理由やメリットデメリットなどをお話ししたいと思います。

阿南町のふるさと納税について

阿南町について

阿南町は長野県の一番南、愛知県と静岡県との県境の町です。

人口は 人と非常に小さな町です。

長野県は非常に大きな県ですけど一番南にある町ですね。

3万円で米60キロいただける自治体のさきがけ

私もふるさと納税をするまではこの阿南町を知ることはなかったのですが、

この阿南町はある意味今流行しているふるさと納税を盛り上げた町の一つだといえます。

なぜなら、

阿南町はふるさと納税で3万円寄付すれば60kgの米がいただける自治体のさきがけだからです。

今は3万円で米を60キロいただける自治体は増えました。その走りが阿南町だったのです。

以前は農業振興のためとして返礼品は米のみでしたが、現在はそのほかの町内産品も返礼品としてラインナップされています。

  • ドライフルーツセット:(ドライフルーツ60g~80g×10袋)
  • 信州黄金シャモ:(阿南町育ちもも肉1.2kg)
  • 豚肉(南信州産1.4kg)

しかしながらなんといっても阿南町の返礼品はなんといってもですね。

阿南町のふるさと納税の仕組み

では次に阿南町でのふるさと納税の申し込み方についてみてみます。

以前はパンフレットを請求して付属している郵便振替用紙に記入して寄付するといういたってシンプルなものでしたが、

阿南町の存在が世に知られるようになりトラブル頻発したため今ではネットによる申し込みのみとなっています。

毎年5月に募集開始

町役場のふるさと納税ホームページに3月ごろ告知がされるのですが、毎年5月ごろに申し込み専用のページが開設されます。

そこにアクセスして必要事項(住所・氏名、それに数量や発送希望時期など)を入力すると町役場からナンバリングされた郵便振替用紙が送られてきます。

それを到着から1ヶ月以内に郵便局で振替の手続きをおこないます。

気をつけないといけない点があります。

阿南町はこのふるさと納税のホームページ立ち上げの際サーバーがパンクして大混乱になりました。

そのため申し込みが完了したとしても町役場からの確認メールが届くまでは注意が必要です。

いただけるお米

お米は町内産(ということになっていますが・・・)の複数の銘柄をブレンドしたふるさと納税専用米「あなんの誉」というものです。

ブレンド米ですのでコシヒカリなどの単一銘柄がいいと思われる方には向きません。

1袋10kgのビニール包装がされています。スーパーで売られているお米とおなじスタイルですね。

味は独自の味覚なのであまりあてにはできないですが、過去いろいろな自治体でふるさと納税米をゲットしましたが

いちばんおいしいです!

住んでいるのが米どころではないのでもっと美味しいお米はあるのでしょうが、私だけでなく妻や娘も同じように言ってくれますので美味しいのだと思います。

発送は日本郵便のゆうパックでおこなわれます。

メリットとデメリット

つぎに阿南町のふるさと納税のメリット・デメリットをみてみましょう。

メリット

10キロ単位で発送が可能

ライバルがたくさん存在する中で威力を発揮するのがこの10キロ単位の発送が可能という点です。

60kgいただける自治体では20kg単位の発送であったり30kgの紙袋であったりするところが多いです。

ところが賃貸マンションに住む私は多くの米を置いておくスペースがありません。

さらには虫が湧いたり品質が低下することにもつながりません。

そのため10キロ単位の発送は非常にありがたいものとなっています。

夏場の発送も可能

次のメリットは夏場の発送も可能ということです。

これも意外と送っていただける自治体って少ないんですよね。

送っていただける時期が秋から春までに限定している自治体が多いです。

さきほどの10キロ単位の発送と同じなのですが、

とれたての新米はそれでいいのですが、夏場のお米は品質低下が著しくなります。

自宅で保管するよりも低温倉庫で保管されて必要な時期に精米して送っていただける方が美味しくいただけると私は感じています。

そのため夏場に精米して送っていただけるのは非常にありがたいサービスと思います。

おまけがある!?

阿南町のふるさと納税では米が一番にでてくるのですが、実はおまけがあるのです。

時期は忘れた頃にやってくるのであまり覚えていませんが、

無添加味噌

がいただけます。

何回かいただいたのですが、添加物フリーで非常に美味しかったです。

デメリット

そんななか阿南町のふるさと納税はデメリットもあります。

これはライバルの自治体が取り入れているサービスにいわば乗り遅れてしまっているからなのですが。

申し込みが町のHPのみの申し込み順

阿南町のふるさと納税の申し込みは町役場から専用の申し込みページへアクセスするというスタイルをとっています。

ふるさとチョイスさとふるのようなポータルサイトからは直接申し込みすることはできません。

また時期が一方的に指定されますのでこまめに情報収集しないと乗り遅れてしまいます。

ちなみに一昨年は数日、去年は1ヶ月程度で締め切られました。

また以前はサーバーがパンクして仕切り直しという事態もありましたので注意が必要です。

白米のみの発送

送っていただけるのは白米のみです。

玄米の発送を希望しても送ってはいただけません。

我が家では玄米を5分づきにして食べたり、玄米をブレンドして食べたりしていますので玄米で送っていただけると非常にありがたいのですが残念なところです。

郵便振替のみ

おそらく最近ふるさと納税されている方にとっての1番のデメリットがこれではないかと思います。

現在はクレジットカード決済が可能な自治体が増えていますが阿南町ではクラシカルな郵便振替のみです。

寄付金にクレジットカードのポイントがついたりTポイントが使えたりと便利なのですが、それはありませんので注意してください。

私の阿南町の利用方法

今年もメインに据える

私は毎年ふるさと納税は米をメインにしていますが、今年も阿南町をメインにすることにしています。

以前は他の自治体に浮気をしていたのですが、やはり味とサービスがいい阿南町をメインにしたいと思います。

送付時期

送付時期はあえて新米の季節ではない来年の春以降に送ってもらうよう考えています。

さきほどもお話しした夏場の10キロ単位の発送のメリットを活用するためです。

そのため今年の夏は別の自治体の玄米を調達しようと考えています。

寄付金額

いうまでもありません。

3万円

でいきます。去年は1万円しか寄付しませんでしたがごめんなさい。

今年は3万円寄付させていただきます(笑)

まとめ

今回はふるさと納税米の老舗長野県阿南町のふるさと納税についてお話ししました。

ふるさと納税についていろいろ考えるのですが、なぜか阿南町のふるさと納税にたどり着いてしまいます。

それだけ3万円で60キロというレジェンドを打ち立てたからではないかと思います。

これからもふるさと納税の情報については随時お知らせしたいと思います。

では、またよろしくです!

関連記事です。ついでにどうぞ!

スポンサーリンク