縦長のホームページ画像のスクリーンショットを取る方法をいまさら知った件

スポンサーリンク

スクリーンショット
2017.4.29更新

今日はいまさらながら私がホームページ全体の画像を撮影する(スクリーンショット)を撮る方法を知りましたので、そのことについてお話しようと思います。

私はブログでよくスクリーンショットを撮るのですが、実は結構悩んでいたことなのです。

それが解決する方法がありましたのでご紹介していきます。

私が使っているのはMacBook ProですのでMac版についてお話します。Windowsユーザーの方ごめんなさいね。

HP全体の画像を撮りたい

ブログを書いていると何かと撮影するのがスクリーンショットですよね。

ちょっとした画面をパシャッと撮ってぺたっと貼るだけで伝えたい事が伝わるのですからとても便利な機能です。

Macではスクリーンショットが超簡単

Macを使っているとスクリーンショットが超簡単に撮れます。

  • shift+command(⌘)+3=画面全体を撮影
  • shift+command(⌘)+4=画面を選択して撮影

とこれだけで撮影ができます。

shift+command(⌘)+4=画面を選択して撮影にはオプション機能もあり、画面を選択する代わりにスペースを叩くと表示しているウィンドウ全体の撮影が可能です。

これでできるのは見えるところだけ

このようにとても重宝させてもらっているMacのスクリーンショットなのですが、実は難点があります。

それは縦長のホームページ全体の撮影ができないということです。

今までの私は項目自体をずらしたり縮小したりして撮影を行っていました。

解決方法があった

ある事情でホームページ全体を撮影する必要があり、結構悩みました。

そんなときに役に立つのは皆さんの前にある賢い箱ですよね。

しらべてみたらやっぱりありました!しかも当たり前のように。

ありがとう!グーグル先生!

Chrome拡張機能であった

その方法とはGoogle謹製のブラウザであるChromeの拡張機能である

Full Page Screen Capture

をすれば一発で解決します。

これをChromeへインストールし、右端のカメラのアイコンをクリックするだけ。

これで全体の画像を取得してくれます。

使ってみた

というわけで早速使ってみました。

Vivaldiにインストール

まずは普段愛用するようになってきたVivaldiにインストールしました。

VividliとはOpera から派生してできたChromeベースのブラウザです。

公式にはうたっていませんが、通常のGoogle Chromeと同じ拡張機能をインストールすることが可能なんです。

そこでインストールして使ってみました。

変なものが写り込む

さっそく撮影に入り、さくさくと処理をしてくれます。

うん、いい感じだ!とおもってできた画像をみてみると・・・

動作中のパックマンの表示が写っている・・・

スクリーンショット Vivaldi

正直

_| ̄|○

の状態になってしまいました。

2017.4.29
Vivaldiにはブラウザ付属のキャプチャがページ全体撮影に対応していました。

あとに追記していますのでキャプチャの方法は後で書きましたのでご覧ください。

気を取り直してChromeへインストール

というわけでやはり本家Google Chromeへインストールしてみようと思い、インストールして使ってみました。

すると・・・

ちゃんと撮れた!!ヽ(=´▽`=)ノ

スクリーンショット chrome

無事撮影することができました。

しかもダウンロード画面もあり、それをクリックするとその全体の画像をダウンロードすることができます。

ちなみに私のブログで撮影してみたらこんな感じになりました。(超縦長ですw)

感じたこと

ここで感じたことを書きたいと思います。

超簡単

いちばん感じたことは何より超簡単であることです。

Tip系はなにかとめんどくさいことがありがちなんですが、これはそんなことはなく、

Chrome拡張機能をインストールするだけで撮影が可能です。

あとはお好きなように加工すればOKというわけですね。

Vivaldiにはやめたほうがいい(追記:対策法あり)

いっぽうでこの拡張機能をVivaldiへインストールするのはやめておいたほうがいいと感じました。

理由は簡単。

相性の問題からかどうかはわかりませんが、プロセス中の表示が写り込んでしまうからですね。

せっかくホームページ全体の画像を撮影したいのに余計なものが写ってしまうのは問題です。

というわけでこの機能を使うときだけは本家Google Chromeにしましょうね。

2017.4.29更新
Vivaldiにはブラウザの機能としてキャプチャ機能があることがわかりました。

メニュー画面上のツールを選択したあとでキャプチャー→ページ全体を保存で縦長のページも保存できました。

メニュー画面

Vivaldiユーザーの方はこちらのほうがいいと思います。

まとめ

今日はブログなどでよく使うホームページのスクリーンショットを縦長でも一つの画像にしてくれるありがたいChrome拡張機能の

Full Page Screen Captureについてお話しました。

特に広告表示もなく、シンプルに動いてくれますのでおすすめです。

ブログ作成などの参考にしていただけたらと思います。

では、またよろしくです!

関連記事です。ついでにどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてくれたらうれしいです!