資産づくりの第一歩!100万円を貯める方法を考えてみた

シェアしていただけると喜びます!

スポンサーリンク

今日は投資するにしてもそうでないにしても100万円を貯めることは資産をたくわえるために必要な第一歩だと思いますので、どのようにすれば100万円を貯めることができるかを考えてみました。

新入社員の方や今まで収入をすべて使ってきた方には参考になるのかなと思っています。

関連記事です。ついでにどうぞ!

100万円って?

私は貯蓄のいわば「はじめの一歩」というべきハードルが100万円をためることだと思っています。

では、100万円を貯めることの意義について考えてみましょう。

決して多くはない

100万円、投資をするにしてはまだ決して多額の現金ではありません。

100万円を投資して年5%で運用できたとします。

税金や手数料の減少分は無視するとして得られる金額は1年で5万円です。

新入社員の方のお給料は大卒で20万円程度だと思うと決して多い金額ではありません。

決して少なくはない

ただいっぽうでこの100万円、決して少ない金額ではありません。

まったく預貯金がない方がこの100万円といういわば投資における雪だるまの芯をつくることは非常に大切であるとともにはじめのハードルであると私は思っています。

これをものに投資するとしても、あるいは貯蓄するとしても最初の目標ではないでしょうか。

とくにこのブログをお読みいただいている方は多かれ少なかれお金を増やす、あるいは減らさないことに興味を持たれていると思います。

そのような方がお金を増やすためには金額の大小はありますが、貯蓄の習慣を身につけることが必要となります。

千里の道も一歩から。一緒に方法を考えてみましょう。

100万円を作る方法

では100万円をたくわえる方法について考えてみたいと思います。

といっても一攫千金でゲットする方法ではありません。一気にゲットするのを期待されている方は他の方法を探ったほうがいいかもしれません。

積立貯蓄でたくわえる

私が考える100万円を作る方法はただひとつ積立貯蓄でたくわえるという方法です。

お勤め先で財形貯蓄制度がある会社ではまずこの方法を利用することをおすすめします。

財形貯蓄は給料から天引で貯蓄でき、通常の預金よりも解約にはハードルがあるため貯蓄高が減少しにくい特徴があります。

財形貯蓄がない会社などでは銀行や郵便局で自動積立定期預金・貯金を利用すればOKです。

財形について:勤労者退職金共済機構 勤労者財産形成事業本部

みずほ積立定期預金

ゆうちょ銀行自動積立貯金

これをお給料日に引き落としで設定しておけば財形貯蓄とほぼ同じ効果が得られますのでおすすめです。

ちなみに解約は窓口でハンコを使って払い出しですので通常のATMでの引き出しに比べてハードルが高くなりますので引き出しにくいメリットがあります。

関連記事

どのくらい毎月貯めなくてはいけないのか

この財形貯蓄や自動積立預金・貯金を利用して1年間でどれくらいを貯めれば100万円貯められるかをシミュレートしてみます。

毎月5万円+ボーナス20万円*2回で1年間経過すると100万円ためることができます。

この数字をみてみてどう感じられたでしょうか。

思ったよりハードだと思ったのではないでしょうか

そうなんです。100万円を1年間で貯めることは思ったよりも大変なことなんです。

ただ自分を律して貯める習慣を身につけることがこれからの投資家としての貴重な経験となります。

収入ー貯蓄=支出という習慣を身につけることが私は必要だと考えています。

つまり20万円の収入から5万円引いた(貯蓄した)のこりの15万円で生活できるようにしたいものです。

1年で難しければ2年でするのもOK

収入の金額によってはこの積立の金額が難しいと思われる方はこの金額を半分にして2年かけて貯めることも私はいいのではないかと考えています。

ただ必要なことは貯蓄する習慣を身につけることであり、貯金をしたりやめたりすることはやめたほうがいいです。

金額は少なくとも続けられる金額で毎月取り組んでくださいね。

投資信託はおすすめしない

この最初の100万円を作るにあたって投資信託ならもっと殖やせるからいいのではと思う方もおられるかもしれません。

正直なところこの方法はおすすめしません。

なぜなら投資信託などのリスク資産は値動きがするからです。

値動きとはプラスにもマイナスにも動くものです。

つまり増えるときには大きく増えるものの下がるときも大きく下がります。

私はインデックスファンドを利用した投資をすることがお金を増やすためには必要と考えていますが、この100万円を貯める時点ではまだ時期尚早だと思っています。

そしてこの値動きに対する心理的な影響がまだこのレベルでは大きいのではないかと考えています。

まとめ

100万円をたくわえることは決して難しい方法ではなく、積立預貯金で可能なことをご説明しました。

いちばん大切なことは一度決めたら続けるという気持ちだと私は思っています。

少しでもやってみたいと思われた方は財形貯蓄や自動積立預金の申込みをしてみてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

これで100万円たくわえることができれば、さらにステップアップした行動がとれますのでまずはここから始めてみたいですね。

この方法が参考になればうれしいですのでぜひチャレンジしてみてください。

では、またよろしくです!

スポンサーリンク

シェアしていただけると喜びます!

フォローする