イオン銀行iDeCo

くじ運・博才のない私がインデックス投資を続けられている理由

2017年6月14日

スポンサーリンク

CHIHIROIMGL1407_TP_V

今日はくじ運や博才のない私がインデックス投資を足掛け15年続けられてきたかをお話したいと思います。

過去にはバクチで大損をくらってばかりの私がなぜインデックス投資に取り組めているか、そして過去の私の博才のない人生だったかも晒しちゃいます。

インデックス投資はのんびり続けられる

まずは結論からお話します。

インデックス投資は博才やくじ運がなくてものんびりじっくりと取り組める投資だということです。

これは今まで懸賞にも当たったことがない、ギャンブルも一度も勝ったことのない私だからこそ言えることだと思っています。

では、なぜそう思っているでしょうか。

なぜ?

ではなぜ私がここまでインデックス投資をずっと取り組めたのかを考えてみます。

退屈だからこそ気楽に投資が出来る

インデックス投資は良くも悪くも平均的な成績であると言われています。

一方でデメリットももちろんあります。

それは個別株と比べて退屈だということです。

個別株は企業情報を調べたり、チャートを眺めたり、配当や株主優待があったりと結構やることがたくさんありますよね。

一方でインデックス投資はインデックスファンドを買ってほったらかしです。

せいぜいがリバランスよりコストの低いファンドへ乗り換えくらいなものです。

私たちブロガーはあれやこれやと考えたりするのでやることが多そうに思えますが、実際はいったんポートフォリオを設定してインデックスファンドを買えばあとは年1回くらいリバランスをするくらいなものです。

配当も株主優待もないので非常につまらないものです。

ただ退屈だからこそ平常心で取り組めるということがあると私は感じています。

たとえば東芝株などを持っていたとすれば最近の状況では落ち着いて投資することができない株主さんが多いでしょう。

一方でインデックス投資はいわゆる市場平均だからこそ気楽に投資に取り組めるということがあります。

大当たりも大はずれもしない

つぎにインデックス投資には大当たりも大外れもしないというの特徴があります。

これって博才のない人にはとても重要な事なのです。

個別株の場合、〇〇株がブレイクして儲かった!逆に暴落して大損だ!ということがありますが、

インデックス投資にはそれがありません。

もちろん市場平均とはいえ株式インデックスに投資していれば当然資産は上下に大きく振れます。

これを避けることはできません。

ただ言えるのはある程度資産のブレがあるということを知っているので投資結果に身を委ねることができます。

これが個別株だとそうはいきません。

企業の不祥事などのとき暴落する株価を眺めながら少しでも損を減らそうと焦って売却しようとしても売却ができないといったことはインデックス投資にはありません。

そのかわりリターンもそれなりなのはそんなものだと割り切ることもできますね。

私の博才のない人生

ここで私がいかに博才やくじ運がないかをご紹介したいと思います。

懸賞に当たったことがない

まず私は今まで自分で申し込んだ懸賞に当たったことがありません。

全員当選や自動応募で当たったことはあります。

ただ自分の意志で申し込んだ懸賞には当たったことがないのです。

一方妻や子供はがんがん懸賞に当選しています。本当にすごいなぁと思いながらとてもうらやましい思いをしています。

バクチでビギナーズラックがなかった

私は全くといっていいほど博才がありません。

40代のおっさんですから一応は一通りのギャンブルは経験してきました。

競馬、スロット、宝くじ、麻雀などなど・・・

どれもこれも全くビギナーズラックすらありませんでした。

買った馬券はみな紙くずになっていた一方で競馬好きな家族から誕生日プレゼントとして1枚の馬券をもらったらそれは大当たりするといった感じです。

スロットは会社の先輩に足代わりとして無理やり連れて行かれて1日で10万円をすってしまうということもありました。

宝くじも300円すら当たりません・・・

麻雀もやってもやってもいつもハコテンするかしないかといって超低レベルな腕前しかありません。

結論:私にはインデックス投資が向いている

過去のいろいろなお恥ずかしい話をしてしまいましたが、そんな私にとってインデックス投資はとてもやりやすい投資だったと思っています。

もちろん他の投資法をおこなえばもっと利益が得られたり、あるいは株主優待や配当金をゲットでき、ワクワクすることもあるでしょう。

インデックス投資もギャンブルであることはわかっています。

市場が上向くことにお金をかけているのですから。

ただわかってやるのとわからずにやるのとでは結果の受け止め方にも違いがあります。

私は暴落することがある程度予想されているとわかっているからこそ落ち着いて投資ができると感じています。

つまらない投資かもしれませんが、私のようなまったくの博才やくじ運のない人間にとってはぴったりフィットする投資法であると思っています。

過去の私のお話しをしてしまいましたが、これからも結果はそこそこでも落ち着いて投資ができるインデックス投資を続けていきます。

その結果はこれからもこのブログで書いていきたいなと感じていますので参考にしていただけたら幸いです。

では、またよろしくです!

関連記事です。ついでにどうぞ!

スポンサーリンク