イオン銀行iDeCo

iPad miniに合うBluetoothキーボードを購入した話

2016年9月16日

スポンサーリンク

f:id:kotsu2life:20160914233702j:plain

今回は私が外出中にブログの記事を書く際にはiPad miniをしようしているのですが、便利な外付けキーボードを購入しましたのでレビューしてみます。

いままでは画面キーボードを使っていた

今まで私はMacBook ProのほかにiPad miniを使っています。

Webの閲覧やメール、そしてググるときにもすべて画面キーボードを使用していました。

初代iPad miniのためアップデートのたびに劇重に

所有しているのがiPad miniでも初代のためもともとはiOSが6だったのが今では9.3.4ににまでアップデートを繰り返した結果劇重になってしまいました。

その影響が最も大きかったのが画面キーボードだったのです。

入力ラグが数秒間に渡ること

最新のiPhoneやiPadをお使いの方にはピンとこないかもしれませんが、数年前のガジェットをギリギリの状態でアップデートを行うと半端なく重くなってしまいます。

私のiPad miniの場合画面キーボードで入力すると入力したものや変換候補が出てくるまでに数秒間かかることがざらでした。

ブログを効率的に執筆するためになんとかしたかった

今までのWeb閲覧やググるだけならばそれでも我慢できたのですが、ブログの執筆を始めてからiPad miniを使用した文章の入力量が格段に増えました。

そのような状況で入力までに数秒間もかかってしまう画面キーボードだと非常に入力もしにくいため新しい外付けキーボードが欲しくなりました。

買ったモデルはこれ

Amazonで何かいいモデルはないかなと思い半ば衝動的に購入したのがこのキーボードです。ロジテックのKey-to-goというキーボードです。

理由

キーボード付きカバーはいや

まずはじめに考えたのがキーボードが画面のカバー代わりになるケースです。

ノートパソコンみたいになり便利になるかなとも思いましたがせっかくiPadのなかで一番小型のiPad miniを使用しているのに「クソ重たく」なるのはちょっと耐えられなかったのでボツにしました。

持ち運びしやすいこと

家ではMacBook Proがあるため入力は外出中にアウトラインプロセッサを使用してブログの骨組みを考えることを想定していましたので、

カバンに入れても重たくなくかつできるだけ薄いものを探しました。

多少の雑に扱っても大丈夫なもの

高価なキーボードはあるのですが、多少雑に扱っても問題なさそうなものを探しました。

これはキーボード全体がファブリックで覆われているため、水をぶっかけても大丈夫だそうです。(もちろんまだためしていません。)

そこそこの価格

価格は安すぎずかつ高すぎなかったのも理由のひとつです。

予算では5,000円以内にしたかったので価格も安くなっていたのも購入するひとつの契機となりました。

使った感想

全体的にファブリックで覆われているのでキーストロークは浅い

選択理由のところでもお話ししましたが、このキーボードは本当にキーストロークが浅いです。ペタペタと入力しています。

しかしながら、この「ペタペタ感」が何気に心地良いです。

また、キーボードの入力にありがちなカタカタとしたタイピング音がまったくありません。

キーボードの大きさはコンパクトタイプのUSキーボードの配列

このキーボードは配列がUSキーボードとなっているため、JIS配列のキーボードを使用しているとミスタイプがときどき発生していまいます。

また、日本語入力の切り替えもMacのUSキーボードと同じctrl+スペースとなっています。

それ以外にもファンクションキーがない(その代わりに同じ場所にはスクリーンショットや音量調節キー等のiOSならではの機能キーがついています)のでちょっと慣れが必要です。

ペタペタキーなのですが、しっかりと入力できますし、ブラインドタッチもできます。

薄すぎるためにどうかと思っていましたがこれは安心しました。

軽い!

本当に軽いです。そして薄いです。

これならばカバンに入れて持ち運びして必要なときに取り出して使えます。

キーボード全体がファブリックで覆われているためカバーの必要もありません。

そのままカバンにぶち込めます。

バッテリの持ちがいい

バッテリは今数時間入力していますが問題なく使えます。1回の充電で数ヶ月使用できると取扱説明書ではうたっていましたがこれはまだわかりません(笑)

まとめ

メールやブログ等で文字入力をするときにはおすすめ

このキーボードは通常のWeb閲覧や動画を見るだけの場合は本体のみで使用してブログやメールを入力する際のみ使う目的にはおすすめです。

ただ、長時間使用しているとちょっと疲れてきますので長い文章を入力する際にはパソコンを使用したほうがいいと思います。

ただ、これはコンパクトキーボード全体でいえることかもしれませんので一概にはいえません。

定価は9,000円程度で実売価格が 4,000円代で買えるので以前の評価であったようなぼったくり感はありません。

商品自体は非常に使いやすく出来上がっていますしチープな感じもしませんのでしばらくは使っていこうと思っています。

スポンサーリンク