アトピーな僕の足がドクターフィッシュの餌食になった(画像あり)

シェアしていただけると喜びます!

スポンサーリンク

f:id:kotsu2life:20161011061528j:plain

今回はアトピー体質な私がレジャー施設にある「フィッシュセラピー」を受けて悲惨な目にあったことをお話しします。

普通は足をプチプチとついばんでくれて癒されるとのことだったのですが私の場合はそうではなかったようです。

では、ドクターフィッシュとは何者かからみてみてましょう。

ご注意:以下には私の足とドクターフィッシュに群がられている画像があります。苦手な方は見ないようお願いいたします。

ドクターフィッシュとは

最近レジャー施設で「フィッシュセラピー」として癒されますよーといって営業されていることが多いのですが、フィッシュセラピーで私たちの角質を食べてくれる「ドクターフィッシュ」について少し確認してみたいと思います。

まずは定義をWikipedia先生に教えてもらいましょう。

ドクターフィッシュ – Wikipedia

ドクターフィッシュ(Doctor fish)は、コイ亜科の魚ガラ・ルファ(学名 Garra rufa)の通称である。

引用:Wikipedia

f:id:kotsu2life:20161011061250j:plain

なんでもトルコ原産の魚らしく、古代はクレオパトラも食べられてもらっていたとか。

お風呂の温度でも生息することができ、世界様々な国で医療行為に用いられているらしいです。

食べられたのはここ

今回私達家族は九州ふっこう割を利用して大分県の別府市へ旅行へ行っていました。そのときに立ち寄ったレジャー施設がここ

「別府ラクテンチ」です。

f:id:kotsu2life:20161011061752j:plain

レトロな遊園地でとても居心地のいい遊園地だったのですが急に雨が降ってきて雨宿りがわりに駆け込んだ建物に「フィッシュセラピー」はありました。

見てみると料金は15分300円(5回券だと1回200円。割引率すごいですね。)とのこと。雨宿り代わりに食べられることにしました。

ここでは私はこいつらに襲われることなど想像もしていません。小さな魚がプチプチ食ってくれるくらいにしか思っていませんでした。

足を洗い、いざ水槽へ。足をつけますと来るわ来るわドクターフィッシュが群がってきます。

ここで異変に気がつきます。なぜか私の足ばかりドクターフィッシュが群がるのです。

私が足をつけた途端妻や娘や他のお客さんの角質を食べていたドクターフィッシュが食べていたのをそっちのけで

「ざーーーー」っと私に群がってきます。

たちまち私の足はそんなドクターフィッシュの餌食になってしまいました。私の足はそんな彼らに襲われて真っ黒に(笑)

f:id:kotsu2life:20161011062036j:plain

最初は「くすぐったいなぁ〜」とか「気持ちいいなぁ〜」とかいうまさに癒されている気持ちになったのですがその後

「!!!」「痛!!!」

f:id:kotsu2life:20161011062100j:plain

あわてて足を上げます。すると私の足首の部分の皮がむけて血が出ています。

この部分は最近痒くて引っかき傷が残っておりそれがかさぶたになっていた部分なのです。

大量のドクターフィッシュはこのかさぶたの部分がおいしかったのかこぞって食べられてしまいまして数カ所かさぶたが取られて出血の事態になってしまいました。

さらに足を上げた時にはやつらが口を上に向けて「えさ」が降りてくるのを待ち構えている始末でした。

その間は仕方なく(?)他の人の足を食べているのですが再度私が足を下ろすとその足など目もくれずに再度私めがけて襲ってきます。

結果

雨がなかなか止まず、ねだるのもあり結局この拷問を30分受けることになってしまいました。

その間必死にかさぶたの部分を水につけないよう微妙に足を上げたりしてとても「セラピー」とはならず魚たちの餌食なってしまいました。

足を上げるために必死に私の足に食いつく大量のドクターフィッシュを蹴散らしたりしてとてもじゃないけど癒しにはなりません。

というわけでアトピーな方がフィッシュセラピーを受ける際には足首に細かいかさぶたがないかチェックする(彼らはかさぶたが大好きです)ことが必要です。

これを怠ってしまうともともとアトピーの人皮膚の角質が剥がれやすいのかドクターフィッシュたちの餌食になりやすい上にかさぶたまではがされると痛い上にへたすると感染の恐れがあります。

あと、大量のドクターフィッシュが群がりますのでまるでちょっとした恐怖感も味わえますよ。

まとめ

通常の方ならば自分の皮膚をついばんでくれてとても気持ちのいいフィッシュセラピーなのですが、アトピー体質な人にはそうではないみたいです。

妻は肌がすべすべになったとよろこんでいましたが私はしばらくは入りたくないと思いました。今のところ食べられたかさぶたの部分から化膿しているとかはありませんが。

看板等で気をつけるようにといった指示もなく興味本位で足を入れてみたら大量のドクターフィッシュに襲われて大変なこととなりました。

小魚だったらそれほど心配ないのでしょうが、体長が5センチ強になった魚が群がってくるのはなかなか恐ろしいものです。

アトピー体質な方が受けられる際にはご自身の体調とドクターフィッシュの体長を確認した上でトライしてみてくださいね。

では、またよろしくです!

2016.10.15 追記

足の裏に魚の目があるのですが、通常は魚の目パッド(スピール膏)を貼らないととれないのですが先日それを貼らずに自分でコリコリとやっていたら取れました。

これも意外にドクターフィッシュのおかげで魚の目までに至る角質を食べてくれていたのではないかと思っています。

結構痛かったのでありがたいです。

スポンサーリンク

シェアしていただけると喜びます!

フォローする