ようやく使える制度に!?積立NISAが20年になるそうです。

スポンサーリンク

f:id:kotsu2life:20161208054832j:plain

出典:NISA口座で買うべき投資商品の選び方 | Money Lifehack

先日こちらの記事を書いたところ非常に多くの方に読んでいただいています。

NISAの種類が増えすぎてわけがわからなくなりそうな件 – こつこつとスマートに暮らそう

ありがとうございます。

この積立NISAの件ですが、今週も動きがありました。

そのことについてお話ししたいと思います。

積立NISAをめぐる金融庁と与党税調とのたたかい

2017.6.26 修正
この記事は2016年12月に税制改正にまつわる記事として書いたものです。
現在は40万円、期間は20年間で制度決着していますので、それを踏まえたうえでお読みください。

以前、積立NISAはこちらの条件となっていました。

  • 金額は年間60万円
  • 期間は10年

これで確定かなと思い先日の記事を書きました。

ところが金融庁は当初期間を20年にしたいとしていましたが認められていませんでした。

これをなんとか20年にしようと金融庁長官みずからが与党税制調査会を説得して以下の条件で決着したそうです。

  • 金額は年間40万円
  • 期間は20年

なんとも微妙な結果になってしまっていますが、結構いいのではないかと思っています。

本当に財務省は税金が少なくなると考えるととことんまで抵抗していることがわかります。

以前よりも条件がよくなった

この積立NISAの決着が妥協による玉虫色感がめちゃくちゃするのですが、せっかく作ってくれる制度です。

当初案と比較して期間を20年にしたのは本当に良かったと思います。

現在のNISAでは5年間でロールオーバーを1回することで10年間ということになっています。

これは投資してから5年後に再度5年後の価格で仕切りなおしということになりますので、

当初の価格に対してどのように変化したのかは記録しておかないと意味不明ということになります。

ロールオーバーが終了(つまり当初から10年後)すると特定口座に戻されてしまいますので、

10年前の価格より下回っていたとすると元の値に戻ったとしても利益が出たとして課税されてしまいます。

これが積立NISAならば期間が20年間ということですのでこのようなことはなくなります。

さすがに20年間あればどこかで利益がでるでしょうから。

金融庁としては20年間はあくまで途中の段階として恒久化をねらっているのかもしれませんね。

できれば一本化してほしい

現状ではNISA,ジュニアNISAと制度が小手先の制度改正により複数乱立している状態となっています。

これに積立NISAも加わると3つが並存する結果となります。

私はこれをなんとかして一本化してほしいと感じています。

シンプルな構成にして積立投資を促すような制度になるとより使いやすくなると思うからです。

詳細はこれから詰めていくのでしょうがジュニアNISAなんかはやめてしまって積立NISAへ移行してしまった方がいいと思います。

子供が小さい時から少しずつ投資していくと20年という期間はリーマン・ショックのような数々の経済的な災害を乗り越える時間は十分にあります。

今までの経験上たった15年しか投資経験はありません。

そんな投資経験でもリーマン・ショックなどの「なんとかショック」は毎年のようにありますが、十分に資産は育ってきています。

それくらい20年という期間は重要であることが金融庁としてもわかっていてなんとかその期間を死守したいと頑張った結果ではないかと思います。

現在私はNISAは利用していてジュニアNISAは利用していません。

この積立NISAが立ち上がった際には現行のNISAから積立NISAに移行するかどうか検討していきたいと思います。

できればこの積立NISAは子供の積立資金を運用するものに使いたいと思うのですが・・・さすがに子供名義で積立NISAは使えないでしょうね。

昨日の日本経済新聞の夕刊記事でもありましたが一本化をすることを金融庁は検討しているようです。

ですので通常のNISAは年間120万円とそれなりにボリュームがありますのでジュニアNISAと統合していただけると非常にありがたいと思います。

金額も年間40万ですから子供の教育資金などを蓄えていくのにはちょうどいい金額だと思いますのでこれなら使えるかなぁと感じています。

まとめ

前回の記事では複雑すぎてわけわからんという趣旨でNISAの記事を書きました。

今回は逆に一本化するとつかえるんじゃね?とこの積立NISAのニュースをみて感じています。

がんばって金融庁がつくってくれた制度です。

なんとか利用するほうに考えていきたいものですので少しずつ勉強していき利用していきたいなぁと思いました。

では、またよろしくです!

関連記事です。ついでにどうぞ!

私のインデックスファンドを中心とする資産配分 – こつこつとスマートに暮らそう

私がさわかみファンドではなくインデックス分散投資を続けていく3つの理由 – こつこつとスマートに暮らそう

投資に役に立つ3種類の冊子が無料でもらえるよ – こつこつとスマートに暮らそう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてくれたらうれしいです!

コメント

  1. ken より:

    有意義なブログいつもありがとうございます。
    質問になるのですが、来年から始まるとされる積立NISAを1月からしっかり始めたいと思っています。
    現在は特定口座しか持っていないのですが、
    まずは現在のNISAを口座開設しておいた方がいいのでしょうか…それとも積立NISAの受付を待った方がいいのでしょうか?
    手続きに時間がかかるイメージがありまして、今からどうするべきか悩んでいます。

  2. kotsu2life より:

    kenさま
    コメントありがとうございます。
    積立NISAを始められるとのことですが、まだ詳細が決定している状態ではありませんので、制度が確定してから開設の準備に入られてはいかがでしょうか。
    1月から取引を開始するためにギリギリだとおっしゃられるように手続きに時間がかかる可能性がありますので、制度が確定した時点で申し込みをされてはどうかと思います。