資産額が下がっても運用結果を伝えようと努力している理由

スポンサーリンク
記事検索はこちらからどうぞ!

0001 4774295191

最近、マーケットが非常に良好ですよね。

毎日毎日、NYSEの株価が過去最高をマークすることで気持ちがいいという方が多いのではないでしょうか。

私も株式100%ではないものの、それなりにリスク資産に投資しているので総資産額は過去最高をマーク中です。

たしかに感じるのはめっちゃきもちいいぃぃぃぃ!!というある意味脳内麻薬が作用しているということ。

ただ、このめっちゃきもちいいぃぃぃぃ!!という状況はいつまでも続きません。

必ず終わりはやってきます。

私はブログを書き始めて3年ちょっとになりますが、いいときも悪いときもマーケットに向き合うことができました。

そしてこれからもマーケットに向き合えるだけ向き合おうと思っています。

この記事では資産額がマイナスリターンに陥ったとしてもできるだけ運用結果を伝えようと思っている理由についてまとめてみました。

スポンサーリンク

資産額が悪くても運用結果を伝え続ける理由

では早速私のリスク資産の運用結果が悪く、マイナスリターンになったとしても状況をお伝えし続けているのには理由があります。

実際にこのような記事を書いたこともあります。

バリュー平均法で積み立て不足年率換算31%が物語ること
私はリスク試算の大半を バリュー平均法と呼ばれる方法で積立を行っています。これは3ヶ月に1度、自分の目標とする資産の残高 (バリュー経路)と実際の自分の残高を照らし合わせて、それに追従するように資産額を追加したりまたは減らしたりする投資法で

マーケットに向かい続けることのできる体力が身についたから

一番大きな理由はマーケットに向かい続ける運用力が身についたからということがあります。

たいした運用結果ではありませんが、15年ほどマーケットに居座り続けることが出来ました。

そのため、経済的災害にはたくさん遭って、そのたびに凹んだり、喜んだりしてきました。

ただ食らわされれただけなのですが、無駄に痛めつけられているぶん多少の傷みには耐えられるようになりました。

これが多少のマーケットが荒れても冷静に運用結果を伝えられている理由の一つです。

ブログで人柱になっているから

私のブログは少なくとも自分の経験をお伝えするということを第一方針としています。

資産額が減ったなんていうかっこ悪いネタは最高のブログのネタなんですね。

どうでしょう?

他人の資産が増えたなんていう記事よりも大失敗して資産がほんの瀕死の状態になった記事のほうがおもしろくないですか?

他人の不幸は蜜の味。

私はぼろぼろになった状態の記事は楽しく書けますので、大暴落で資産が半分になっちゃったなんて記事は楽しんで書きたいなと思っています。

それを読んでいただき、ざまーみろって思っていただけるとうれしいひめだかです。

長期的な経済成長を信じているから

前の項目では、かなり自虐的なことを書いてしまいましたが本題に戻ります。

最後の理由としては長期的な経済成長を信じているからというものですね。

インデックス投資は短期的に大損しても長期的な経済成長を享受することを信じる投資法だと私は思っています。

ですので一時的にマイナスリターンだったとしても長期的にはきっとある程度のリターンはあると信じて投資をしています。

その過程でのマイナスリターンを記録しておくことは無駄ではないかと感じているのも大きな理由だと思いますね。

スポンサーリンク

今のマーケットをどう思うか

このようにマーケットが良くなろうと悪くなろうと運用結果を書き続けている私なのですが、今のマーケットについて感じることをまとめてみました。

とっても気持ちがいい

一番感じるのは資産額が増え続けて超気持ちいいということですね。

毎月毎月、資産残高が過去最高を更新するということは非常にうれしい以外の何物でもありません。

素直に資産残高が増え続けることはうれしいですね。

毎日マネーフォワードを動かすのが楽しいくらいですから。

長い投資家人生でこれだけ資産残高が伸びまくるのが楽しいと思ったことはないですね。

毎月お給料分くらい増えているとびっくりしますね。

いつかは終わりがやってくる

一方でいつかは終わりがやってくることを覚悟している自分がいます。

これだけみんなが資産残高が過去最高を更新祭りもいつかは終わりがやってきます。

いつまでも資産残高が右肩上がりになり続けることはありえません。

ですので、冬の時代を迎えてもいいように利益確定してキャッシュポジションを増やしてその時を迎えようと思います。

もし冬が来なかったらそれで幸せでいいですので、もしものときのことは考えておきたいと思っていますね。

スポンサーリンク

まとめ:これからも運用結果をお伝えしようと思います

今回これだけ良好なマーケットで資産残高を公表されている方が多い状況で、もし相場が悪くなったらどうなるのかという状況でも私は運用結果をお伝えしていこうということについて考えてみました。

確かに今の相場はすばらしいです。

しかし、こんな相場そうめったにあるものじゃない。

みんなが買いだ買いだと騒いでいるといつのまにか相場が落ちるかもしれない。

そのような状況でもうろたえないようにいただける利益は頂いてもしものときに備えておこうと思っています。

いつまでこの気持ちのままでいられるかわかりませんが、これからも人柱として皆さんに運用結果をお伝えしたいと思います!

では、またよろしくです!

コメント