住信SBIネット銀行のキャッシュカード不要でATM操作ができる「アプリでATM」を試してみた

スポンサーリンク

Sumishin sbi appli

最近アプリのアップデートでめちゃくちゃ便利すぎて心配になる銀行が住信SBIネット銀行です。

以前は親会社のSBI証券よろしく手数料などは超低いけどちょっとめんどくさい銀行というイメージでした。

しかしながら、スマートフォン用アプリのアップデートが劇的すぎるのか、非常に便利な金融機関に「なりすぎた」という認識でいます。

住信SBIネット銀行では進化がものすごく、ログインなしに残高の確認ができたり、取引パスワードなしに振り込み実績がある口座への振り込みができるようになりました。

ちょっと危うさも感じつつも便利に使わせてもらっています。

そのアプリの機能のひとつでキャッシュカードがなくてもお金が引き出せるサービスが付加されました。

その名も「アプリでATM」。

今までキャッシュカードでお金を引き出したり預け入れたりするのが当たり前と思っていた私には衝撃的なサービスだったんですね。

普段はキャッシュカードで引き出したりするのですが、今回はキャッシュカードを使わず、アプリでお金を引き出してみました。

その経験から感じたことについてもお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

「アプリでATM」を試してみて感じたこと

まずは「アプリでATM」を利用してキャッシュカードを使わずにお金を引き出してみて感じたことについてお話ししたいと思います。

ちょっとめんどくさい・・・

一番に感じたのはスマホとATM両方の操作が必要でめんどくさいということです。

あとで手順をご紹介しますが、お金を引き出したり預け入れたりする際にスマホとATM両方での操作が必要になります。

通常ならばキャッシュカードをATMに挿入して、タッチパネルやテンキーを操作して引き出すのと比較するとちょっと面倒くささを感じましたね。

セキュリティは心配ないと思う

次に感じたのはセキュリティはそれほど心配しなくてもいいかなということです。

「アプリでATM」はATMとスマホと同時に操作しないといけない項目がたくさんあります。

多少煩雑となるため、セキュリティは心配ないと思いました。

おそらく秒単位での監視が入ってそうなので、私は問題ないと思っています。

混雑時にはおすすめできない

めんどくさいのと同時に感じたのは混雑時にはおすすめできないということです。

イメージ的にはなんとかPayと同様で、QRコードを認識させたり、金融機関番号をATMで入力しなければなりません。

キャッシュカードを挿入して暗証番号を入力するだけの従来の操作と比較し、どうしても時間がかかってしまいます。

しかもかなりめんどくさいので、このサービスを利用するのは空いているときに行いたいですね。

財布を忘れたときの非常用にはピッタリ

よくありますよね?

スマホは持って出ても財布を忘れてしまうってこと。

そのようなときに限って現金が必要になるということを。

ピンチなときにはとても心強い味方になるのではと思いましたね。

キャッシュカードがなくても別の手段で現金が引き出せたりするのはとてもありがたいなということを実感しています。

では、次に私が「アプリでATM」で実際に現金を引き出してみましたので、レビューしてみます。

スポンサーリンク

「アプリでATM」で現金を引き出してみた

では、私が住信SBIネット銀行でのキャッシュカードなしで現金が引き出せる「アプリでATM」機能を使って現金を引き出してみましたのでレビューしてみます。

引き出せるATM

まずはこの「アプリでATM」が使えるコンビニATMですが、

  • セブン銀行(セブン-イレブン)ATM
  • ローソン銀行(ローソン)ATM

で利用することができます。

私は近くにあるのがローソンですので、ローソン銀行ATMで試してみました。

アプリを立ち上げる

まずはATMへ行く前に住信SBIネット銀行アプリを立ち上げます。

トップ画面が以下の画像のようになっているのですが、その中にある「アプリでATM」をタップします。

Fotor 1607055486706

すると「残高と出金可能金額」「お引き出しとお預入れ」の画面となりますので、必要な項目を選択します。

私は現金を引き出してみたので、「お引き出し」を選択しました。

Fotor 1607055449266

つぎに出金したい金額をスマホから入力します。

Screenshot 20201204 131412

今回はお試しということで1,000円だけ引き出してみることにしました。

そして正しければ緑の確認をタップ・訂正する場合には黄色の訂正をタップします。

その後「企業番号のご確認」という項目が出ますので、ATMに番号4桁を入力します。

ATM側の操作

つぎにやるのはATM側の操作です。

まずはATMの左側にある「スマホ関連サービス」の下部にある「スマホ取引」をタッチします。

IMG 1211

つぎに先程アプリに表示された企業番号ATMのテンキーで入力してください。

IMG 1213

IMG 1214

その後、ATMにQRコードが表示されますので、スマートフォンのアプリに読み込ませます。

もしうまく撮影できないときには明細書と同じ用紙に印刷して読み込ませることも可能です。

IMG 1212

Screenshot 20201204 131443

これでキャッシュカードなしでの取引が可能となりました。

というかここまでやってはじめてキャッシュカード挿入と同じ効果となります。

ATMで暗証番号を入力

最後にATMであらためて暗証番号を入力します。

そうすれば現金が引き出されるようになりますね。

スポンサーリンク

まとめ:非常用にはぴったり!

今回住信SBIネット銀行のスマートフォンアプリを使用してキャッシュカードなしでも現金が引き出せる「アプリでATM」を試したことについてレビューしてみました。

結論としてはかなりめんどくさいので、非常用くらいに思っておいたほうがいいかもというものでした。

本来ならばキャッシュカードさせばできることをスマートフォンからしようと思うとこれだけの操作が必要なんだとあらためて実感させられましたね。

まさになんとかPayみたいな面倒くささを感じざるを得ませんでした。

ただ財布を忘れたり落としたりしたときの非常用にはぴったりな使い方かなと感じましたね。

もしものときにカードだけではない手段があるのはありがたいかなと思いましたね。

一度試してみていただき、ご自身でも体感してみてはいかがでしょうか。

では、またよろしくです!