金融機関レビュー

iDeCo

iDeCo口座開設は金融グループに囲われないで使いたいところでいいと思う理由

iDeCo(個人型確定拠出年金)をどこの口座にしようかと今非常に悩ましい話です。 同じグループで囲われようとする方、あるいは全くグループ外の口座にしたいと思う方色々あると思います。 そこで今回は iDeCoの口座をどのよ
iDeCo

運営管理手数料無料の松井証券iDeCoを徹底解説

新たにiDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料(金融機関の取り分である手数料)が完全無料な金融機関がさらに増えました。 それはネット証券大手の松井証券です。 ネット証券では、SBI証券・楽天証券・マネックス証券と
iDeCo

無条件で運営管理手数料無料のiDeCo金融機関のまとめ

iDeCo手数料のうち金融機関の取り分である運営管理手数料が無条件で無料となる金融機関をまとめました。それぞれの金融機関が特徴のあるファンド選定やユーザビリティに関する点についての記事をご紹介しています。
iDeCo

無条件管理運営手数料無料の大和証券idecoを徹底レビューしてみた

大手証券会社では唯一無条件で管理運営費用が無料となっているのが大和証券です。 ideco(個人型確定拠出年金)は拠出するうえにはさまざまな手数料が必要です。 このうち加入者が節約することができるのは金融機関の取り分である管理運営費用
iDeCo

管理運営費用ゼロ円のマネックス証券iDeCoを徹底レビュー

ネット証券では3番目のiDeCo参入となるマネックス証券の取扱商品や手数料について詳細に解説。すべての取扱商品をアセットごとにくわしく解説するとともにおすすめなタイプ、良い点、悪い点も併せてご紹介しています。
iDeCo

取り扱い商品や手数料など楽天証券のiDeCoを徹底レビュー

楽天証券のiDeCoプランの商品や手数料について詳細に解説。加入するのにおすすめなタイプも併せて紹介しています。ファンドについては長所と短所についても考えてみました。楽天証券でiDeCoをされる方はご一読をおすすめします。
iDeCo

SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)プランを徹底レビュー

SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)プランについて解説。ローコスト・充実した商品ラインナップの特徴がある一方で、ウィークポイントについても記載。また加入するおすすめタイプについても紹介しています。
iDeCo

イオン銀行iDeCo申し込みを体験してみた

証券業界(とくにネット証券)が鼻息荒く顧客獲得合戦を繰り広げるなか彗星のごとく殴り込みをかけてきたのがイオン銀行です。 ここのメリットは誰でも金融機関の取り分の手数料が無料であること。 そしてもう一つがネットで申込書類を印刷できると
iDeCo

イオン銀行のiDeCoはコストもファンドも良心的でおすすめな件

イオン銀行がiDeCo(個人型確定拠出年金)に参入することになりました。早速チェックしてみたところ非常に魅力的なプランであることがわかりました。 もともと銀行のiDeCoプランは手数料も高く、あまり魅力的ではありません。そのようななか
iDeCo

(改善済み)企業年金導入企業勤務の私がiDeCoの証券会社をよく考えなかった失敗談

2018.2.22 更新 この記事を書いた後にSBI証券・楽天証券ともに預かり資産にかかわらず口座管理費用がゼロ円となっています。 さらに現在ではいくつかの証券会社も口座管理手数料が完全無料となっています。 そのため、陳腐化して
スポンサーリンク