iDeCo

iDeCo

SBI証券iDeCoのファンド数が削減されることになった件

iDeCo(個人型確定拠出年金)において、メジャーな金融機関としてSBI証券があります。 私も加入しているのですが、ここのファンドのラインナップは良くも悪くもごちゃまぜというのが特徴的でした。 ファンド数は現在なんと67種類。 さ...
iDeCo

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)への乗り換えに必要な3つのハードル

eMAXISシリーズで人気商品として「8資産均等型」があります。 もともとからeMAXIS バランス(8資産均等型)(通称:Fat)に投資していた私にとって気になるファンドは・・・ そう、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型...
2018.08.15
iDeCo

SBI証券のiDeCoプランでポートフォリオを変更する方法

このたび、SBI証券で加入している私のiDeCo(個人型確定拠出年金)のポートフォリオを先進国株式のみに変更することにしました。 そのため、ポートフォリオの変更方法について実例をあげてご紹介します。 ポートフォリオを変更したい方には...
2018.05.08
iDeCo

iDeCoの掛け金を年単位拠出がおすすめな運用法を徹底紹介

iDeCo(個人型確定拠出年金)の掛金を年単位で拠出することができるようになっています。 私はかねてからiDeCoの掛金に対する手数料負担が重荷になっていることを感じていて、年単位の拠出を考えましたがリスク資産に運用するには不向きだと...
2018.08.11
iDeCo

投資初心者にどのような投資信託がおすすめなのか考えてみた

良い投資商品があふれるという非常に良い世の中になったのだと実感している今日このごろです。 そこで今回は、もし誰かに初めて投資信託をする際にどのようなファンド(投資信託)を買えばいいかと相談された場合、どのような答えを出すだろうかと考え...
iDeCo

iDeCo口座開設は金融グループに囲われないで使いたいところでいいと思う理由

iDeCo(個人型確定拠出年金)をどこの口座にしようかと今非常に悩ましい話です。 同じグループで囲われようとする方、あるいは全くグループ外の口座にしたいと思う方色々あると思います。 そこで今回は iDeCoの口座をどのよ...
iDeCo

運営管理手数料無料の松井証券iDeCoを徹底解説

新たにiDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料(金融機関の取り分である手数料)が完全無料な金融機関がさらに増えました。 それはネット証券大手の松井証券です。 ネット証券では、SBI証券・楽天証券・マネックス証券と...
iDeCo

iDeCoの掛金上限12,000円の私が1年拠出して感じたこと

iDeCoが公務員や確定給付企業年金導入企業のサラリーマンにも門戸が開放されて1年が経過しました。 私もこのひとりですので、門戸が開放されると知るやいなや早速iDeCo口座を開き、拠出することにしました。 私たちに拠出することが許さ...
iDeCo

無条件で運営管理手数料無料のiDeCo金融機関のまとめ

iDeCo手数料のうち金融機関の取り分である運営管理手数料が無条件で無料となる金融機関をまとめました。それぞれの金融機関が特徴のあるファンド選定やユーザビリティに関する点についての記事をご紹介しています。
iDeCo

無条件管理運営手数料無料の大和証券idecoを徹底レビューしてみた

大手証券会社では唯一無条件で管理運営費用が無料となっているのが大和証券です。 ideco(個人型確定拠出年金)は拠出するうえにはさまざまな手数料が必要です。 このうち加入者が節約することができるのは金融機関の取り分である管理運営費用...
スポンサーリンク