iDeCo

iDeCo

リスク資産は損益ではなく、資産残高を考えるほうが良い理由

投資をされている方にとって一番気になること。それは 投資しているものの損益 ではないでしょうか。 株式にしても投資信託にしても必ず表示されているのは 利益が出ているか、損失が出ているのかという損益ですよね。 利益が出ているとき...
iDeCo

住信SBIネット銀行からiDeCo掛金納付が可能になったけど罠がある件

iDeCo(個人型確定拠出年金)も加入者が順調に増えているなか、私のようにSBI証券でiDeCoに加入している方も多いと思います。 ネット証券でiDeCoに加入する方は同じグループ内の銀行がメインバンクとなっている方もいらっしゃるので...
iDeCo

投資初心者にまずはどの投資信託がおすすめなのか考えてみた

良い投資商品があふれるという非常に良い世の中になったのだと実感している今日このごろです。 そこで今回は、もし誰かに初めて投資信託をする際にどのようなファンド(投資信託)を買えばいいかと相談された場合、どのような答えを出すだろうかと考え...
iDeCo

iDeCoは会社に書類を書いてもらわないと加入不可能という悲しい現実

iDeCo(個人型確定拠出年金)は会社に書類を書いてもらわなければ加入できない点についての解説。あわせてどのような書類が必要かについて、事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書の詳細についての問題点についてもも紹介しています。
iDeCo

2020年7月分バリュー平均法の資産チェックを行って感じたこと

私はインデックス投資家の方が積み立てをされる際に使われるドルコスト平均法をメインの金融資産では採用していません。 過去には採用していたのですが、現在ではバリュー平均法という方法で資産を積み上げていっています。 この方法はざっくりとい...
iDeCo

ほぼ無職の僕はiDeCoに加入する意味がないので追加拠出やめることにした

私はiDeCo(個人型確定拠出年金)が公務員や確定給付企業年金導入企業勤務者に開放されたときから加入しています。 拠出限度額は月額12,000円。 iDeCoはさまざまなメリットが有るということで加入者が急増しています。 メリット...
iDeCo

iDeCoに拠出スタートしたときには損失額の大きさにびっくりした件

私は確定給付企業年金給付企業に勤務しています。 数年前に公務員の方とともにiDeCo(個人型確定拠出年金)に拠出ができるようになった際に加入してから株式インデックスファンドを積み立てている状況です。 加入したときのことです。 いろ...
iDeCo

iDeCoハラスメントはなんとかならないのか

私が以前iDeCo(個人型確定拠出年金)に加入しようとした時に愕然とした書類である事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書を会社側が書いてくれないということがわかりました。 実際に私の過去のブログ記事にも会社に書類を書いても...
2020.08.18
iDeCo

iDeCo(個人型確定拠出年金)の申込みに必要な書類と選んだ証券会社についてまとめてみた

iDeCo(個人型確定拠出年金)は公務員や大企業を中心とする確定給付企業年金導入企業にお勤めの方を含めて大幅に門戸が開かれるようになりました。 その結果、ネット証券会社を中心として取り扱われる金融機関が急増しています。 そのようなな...
インデックス投資

コロナ禍のなかバリュー平均法で投資するメリット・デメリット

私はインデックスファンドを多くの方が実践されているドルコスト平均法ではなく、バリュー平均法という方法で投資しています。 目標を設定して、資産額の変動をチェックして売買を繰り返すというものなのですが、続けてみて良い点、悪い点が浮かび上が...
2020.06.03
スポンサーリンク