インデックスファンドがなかったら僕のお金はどうなってたかな?と考えてみた

スポンサーリンク

0001 6323176866

私のリスク資産の大半はインデックスファンドです。

そして投資を始めてからずっと投資し続けているのもインデックスファンドです。

私の投資家(といえるかわかりませんが)人生ではインデックスファンドとのおつきあいが大半をしめています。

最近では米国株や国内個別株などさまざまな金融商品を検討することもできるようになりましたし、最近の投資家さんの能力はすごいなぁと思いながら過ごしています。

米国個別株・海外ETFなどトレーディング重視の銘柄に投資するのが流行している今、ふと考えてみたんですね。

もしインデックスファンドが日本で投資できていなかったどうしていたのかな?と。

ちょうど現在はコロナショックにともなって投資をお休みした方、あるいは残念ですが投資をやめられたかたもいらっしゃると思います。

私は幸いにして投資を続けていることができていますが、投資を続けることができたのはインデックスファンドという地味な投資商品のおかげなんですね。

今回はもしインデックスファンドが日本で投資できていなかったら私はどのようにしてお金を増やしていたのか、そしてどれくらいの資産残高くらいなのかなと考えてみました。

スポンサーリンク

インデックスファンドがなかったらこうなっていた

私がインデックスファンドに投資できる環境でなかったらどうしてただろうということを勝手に考えてみます。

定期預金が主体のまんま

私がインデックスファンドに投資できていなかったら金融資産は定期預金が主体のまんまになっていたと思います。

当時は定期預金や財形貯蓄ばかりにとりくんでいて、株式や債券などにはまったく投資をしていない新入社員の頃でした。

親も株をまったくしていなかったので、株式の取引方法などを教えてくれるわけもありません。

そりゃそうですよね。

かつては郵便貯金の定額貯金が10年たったら倍の金額になったわけですから。

インフレもありましたが、すごい時代だなぁとおもいますね。

そんだけお金が増えているのなら株はしないよなぁと思ってしまいます。

その親を見習って株は悪といわんばかりに定期預金などにつっこんで結局は資産が増えていないかなと思いますね。

個別株で大損してマーケットから卒業

次に予想されるのは予備知識もなく個別株を買い、数々の暴落で大損・マーケットから退場という事態ですね。

私がインデックスファンドと知り合ったのはとある投資本との出会いなのですが、当時はきわめてマイナーながらもインデックスファンドがありました。

これなら僕でも投資ができると思ったわけですね。

これが国内個別株のみの従来の投資環境だったらどうでしょう。

きっと投資にチャレンジしても敗退していたと思います。

もともと博才はない私です。

きっと個別株でも適当に買って数々の「ショック」で大損をぶっこいていたと思いますね。

お金がない生活へ

こつこつと預金を積み立てていたでしょうが、出るものは出ます。

一方でお金を増やすエンジンがないのですから、結局はお金を増やすよりも出ていくほうが大きく、世間一般並みの資産残高になっていることが予想されます。

毎月毎月赤字だわぁとぼやきながら暮らしているのかなとも思いますね。

では、つぎにインデックスファンドがもたらしてくれたことについてご紹介しますね。

スポンサーリンク

インデックスファンドが僕にもたらしてくれたもの

次に私がインデックスファンドからもたらしてくれたものについてご紹介します。

リスク資産に投資する一歩を踏み出す後押しをしてくれた

現在では私の資産の8割近くはインデックスファンドなどのリスク資産となっています。

株=バクチ・サワルナ危険と教わってきた私にとって株式や債券などのリスク資産に投資するということは相当の勇気が必要だったんですね。

ところがたくさんの銘柄に投資してインデックスをめざすというシンプルな方針が私の心にフィットしました。

何も考えなくても平均的な成績(プラス・マイナスをふくめて)でいられるのは私のお金をリスク資産に投じる後押しをしてくれたといっても過言ではありません。

そのような意味ではインデックス投資には感謝したいですね。

資産をそこそこ増やしてくれた

そしてもうひとつは資産を「そこそこ」増やしてくれたというものです。

そこそこというのがミソで、個別株で大成功した株長者の方と比較するとはるかに少ないリターンです。

しかしながら、大して勉強していないのにリターンをゲットできたのはありがたいと思いますね。

きっと個別株投資だけならばどこかで退場していたことでしょう。

PERやPBRすら全く理解しようとしなかったのですから。

財務諸表なんてとてもじゃないけど理解できませんでしたからね。

それでも職を失う=人生ゲームオーバーにならないだけの資産を構築できたのはありがたいものだと思います。

スポンサーリンク

まとめ:インデックスファンドは僕にとって最高の投資商品

今回、もしインデックスファンドが世の中になかったらどのようになっていたのかについて振り返ってみました。

おそらく、

  • 定期預金ばかりで思ったよりも資産が増えなかった
  • 基礎知識もなく個別株にチャレンジして敗退

ということになっていたと思います。

やはり大した知識もなく、やる気だけでそれなりに資産が増やしてくれたインデックスファンドには感謝したいと思います。

これからもメインの資産としてコロナショックに負けず投資を続けていきたいと思います。

では、またよろしくです!

お金は寝かせて増やしなさい
フォレスト出版
¥1,681(2020/05/24 20:38時点)