傷病手当金生活でもコロナショックでも金融資産が増えていた話

スポンサーリンク

Kinyushisan dounatta
私は体調を崩していて、現在は傷病手当金という健康保険制度などによるセーフティネットで生活をしています。

なんだかんだと1年ほどが経ってしまいました。

ふと、この1年間で資産がどうなっていたのかなと気になってしまいました。

ちょっと調べてみたのですが・・・・

200万円くらい増えていました。

この1年間傷病手当金や収入保障保険などで手取りの8割&ボーナスなしの暮らしをしていたにもかかわらず、

さらにはコロナショックを経験してこの結果です。

いかに金融資産の運用結果と、シンプルな暮らしをしていたおかげであると実感しています。

通常言われるようなセミリタイアが可能な金額である1億円とは程遠い金融資産額です。

しかしながらもしかしたらもっと節約&シンプルな暮らしをしていたらあまり働かなくてもいいのかなと思うようになりました。

現在も金融資産とセーフティネットのおかげで当座のお金の心配をせず、家族3人暮らして行けているのを非常にうれしく思います。

さらにはローンもないため、追われる支払いといえば社会保険料くらいでしょうか。

のんびりとゆったりと読書代わりにFPの勉強をしたりして1日を過ごしていますが、コロナ禍によるお金の危機を感じずに暮らすことができているのは本当にありがたいと思わざるをえません。

シンプルにインデックスファンドに積み立ててきただけなのですが、時間を積み重ねてきた分少々の金融危機ではびくともしない資産になっていました。

これからは取り崩すか、さらに積み立てられるかどうかわかりません。

しかしながら少しずつ元気になってきていますので、働く機会があれば働き、そうでなければ晴耕雨読ができるといいなと個人的には実感していますね。

現在、私は実感しています。

本当に、本当に、ローンを組んでいなくてよかった。

ローンを組んでいて、支払いに追われていたらこんなにゆったりと暮らすこともできずになんらかの収入を得ようと必死になっていたことでしょう。

20年間必死に働いてきました。

その結果がダウンとはちょっと悲しいですが、今は時間が薬ということでのんびりとやっていきたいと思います。

これからも今まで積み立ててきた金融資産が育って、さらに大きく期待しながらじっくりと金融資産残高を眺めていきたいですね。

では、またよろしくです!

コメント