お金を増やしていくために考えておきたい2つのマインド

スポンサーリンク

0001 5137001561

お金を増やすって結構難しいと考えられる方は多いような気がしますが、いかがでしょうか?

ウェブサイトや某掲示板のマネー系のスレを読んでみても「お金がない」系の記事が多いのです。

そして統計を見てみても所得が高い割に貯蓄がない割合がいかに多いか。

それはなぜかと考えてみると人間にはさまざまな欲望や見栄があります。

  • いいものが欲しい
  • いい車がほしい
  • 海外旅行に行きたい

・・・などなど。思いっきりあるあるな話ですよね。

しかし使えるおカネは限りがあります。

そこで今回の記事ではお金を増やすにあたってどのようなスタンスで臨むべきかを考えてみたいと思います。

普段から湯水のごとくお金を使ってしまう方ならばちょっとしんどいかもしれませんが、一度このエンジンが動き出すとお金を増やすことが以前よりも楽になっていきますのでがんばっていきましょう。

では、どのようなことをすればいいのかみてみたいと思います。

スポンサーリンク

まずは「ちょっと」節約すること

お金を増やすためにはまずはお金に対する体力を付ける必要があると私は感じています。

その体力とはどのようなものかを考えてみました。

資産を増やす体力・資産を減らさない体力・お給料を増やす体力

いろいろとありますよね。

結構どれも難しいのかなと思うんですよね。

ただ一つだけ簡単にできることがあります。

それはまずは「ちょっとだけ」節約することです。

節約することって大変なことと思われますが、実は結構簡単なんですね。

まずはお給料が入ったらその日のうちに(これが重要!)お給料としてもらった10%のおカネを普段使っている口座から引き出して別の口座へ移してしまいましょう。

もし1つの口座しか持っていない場合は通帳に付属の定期預金口座でもOKです。

できることならば財形貯蓄や積み立て定期預金を設定することによりもとから「なかったもの」としておけばベターです。

節約することも立派な運用である件
運用というのは投資だけで考えてらっしゃる方はいませんでしょうか。株式や債券、そして不動産などに資金を投じる資産運用を行ってらっしゃる方は多いと思います。しかし誰でもリスクフリーでできる運用方法があるんですね。それは節約です。節約をすることで

残ったお金で生活をする

まずは天引き貯金にチャレンジしようということをお話ししました。

次にどのように暮らしていけばいいのでしょうか。

それは・・・残りのお金で生活してみましょう。

これを継続することにより「まったくお金がない」状況は脱出することができます。

「給料日前にお金がない!!!」という状況はなくなると考えてください。

ただし、これだけではあくまで「お金がまったくないわけじゃない」程度で止まってしまいます。

それを乗り越えるためには次に書く「投資すること」が必要となります。

先取り貯金こそが資産づくりの第一歩だと思う理由
先取り貯金ってなんでしょうか?お給料が入ってきて、通常はつかったあとに残ったおカネを預貯金に回すというスタイルを取ってらっしゃる方が多いと思います。そうではなく、お給料が入ってきて、使う前に貯金に回す行為のことをいいます。通常のお給料が入る
スポンサーリンク

お金を貯める仕組みをつくったら・・・

さきほどでは天引き貯金などをしてお金をためる仕組みを作ってみようということをお話ししました。

ところが元本はふえてもなかなか資産は増えませんよね。

それもそのはず。

なぜなら現在のメガバンクの預金金利では普通預金が0.001%、定期預金でも0.01%と横並びの状態です。

100万円あずけても利息はたったの1,000円。一方でATM時間外手数料「1回110円」です。

手数料を支払っているようならばなけなしの1,000円もあっという間になくなってしまうどころか、マイナスになってしまう可能性も大です。

これでは「タンス預金」や「10万円貯まる500円玉貯金箱」のほうがまだマシと言えるものですよね。

投資をする重要性

預金していても全然お金がふえないという今のご時世です。

増えない資産が増えるようカバーするとすればどうすればいいのか。

答えは一つ。

投資をすることです。

株式相場や為替相場はつねに相場が上がったり下がったりしつづけています。

そのなかで投資するということは相場が上がって(下がって)もらわないと意味がないですよね。

そのため現在では投資を行うことがおカネを増やすためには必要なことであると考えています。

どんな投資法がおすすめなの?

ではどんな方法で投資すればいいでしょうか?株式もある、FXもあるいろいろな商品の中で私がおすすめすることは

「少しずつ」「長期的」に投資すること です。

相場は上がる時もあれば暴落する時もあります。

必要とはわかっていてもそのような荒海に自分の大事なおカネを委ねることって怖いですよね?

そこで「少しずつ」「長期的」に投資する必要があるのです。

「少しずつ」って最低どれくらいの金額と想像できますか?それは「100円」です。

この100円はネット証券で投資信託が積み立てできる最低金額なんです。

この少しのおカネを荒海に委ねるのです。株式市場では短期的に50%程度の損失が出る可能性があります。

これを自分の全財産を投げ込んだらどうなるでしょう。

運が良ければボロ儲けできるかもしれませんが、運が悪ければすってんてんになって泣くに泣けません。

泣くに泣けない状況になれば「投資なんかするんじゃなかった」となってしまうのも目に見えています。

そこで損失がでても我慢できる金額を投資するんです。

100円なら半分になっても50円の損です。毎月毎月何回も何回もこれを繰り返すのです。

これを「長期的に」繰り返すことで自分の損しても我慢できる力をつけることができます。

さらに「つみたてNISA」を利用することで運用益を非課税でゲットできますので積立投資をする際にはぜひつみたてNISAの利用をおすすめします

積み立て設定したら捨てたつもりでほったらかす重要について考えてみた
つみたてNISAでインデックスファンドを積立て設定をされている方も多いと思います。あるいはSBIネオモバイル証券の「ネオモバ株アプリ」を使って定期買付を設定されている方もいらっしゃると思います。私も投資信託を買い始めた当初や個別高配当株を買
スポンサーリンク

 まとめ:貯金から少し勇気をだして投資してみよう

今回は預金だけではなくてすこし投資の世界へ踏み出してみるとお金を貯める以外にも増やすことができることをお話ししました。

貯金だけだと自分の意思で少しずつためていくため、なかなかお金が増えたという実感がわかないものです。

しかもこの低金利のご時世、お金がお金を増やしていく複利といういわば魔法も使うことができません。

それが投資することならば程度の差はあれ可能となります。

しかも以前と比べて投資するためのハードルは格段に低くなっています。あと必要なのはちょっとした勇気だけです。

100円からでも投資信託が買える時代となってきていますのでぜひチャレンジしてみてはいかがですか?

このブログではどのような方法で投資していけばいいかをいろいろと書いていますので併せてお読みいただけたら幸いです。

では、またよろしくです!

コメント