ゆうちょ銀行をメインバンクにするメリット・デメリット

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は誰でも口座を持っているイメージがあるくらいとても便利な金融機関です。

私も利用しているのですが、これだけしか持っていない方もいらっしゃると思います。

そこで、今回はゆうちょ銀行をメインバンクにしたメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゆうちょ銀行単体でのメリット・デメリット

全国津々浦々に展開されている郵便局で利用できるのがゆうちょ銀行の郵便貯金ですよね。

これは民間金融機関であるメガバンクや地方銀行・信用金庫・信用組合などでは真似のできない大規模なネットワークとなっています。

そのゆうちょ銀行を利用したメリット・デメリットについて考えてみました。

ゆうちょ銀行を利用したメリット

まずはゆうちょ銀行を利用したメリットについてみてみましょう。

私が考えるゆうちょ銀行を利用したメリットは以下のとおりです。

  1. 全国の郵便局の窓口が利用できる安心感
  2. ゆうちょ銀行ATMでは入出金手数料完全無料
  3. 公金の払い込みが可能

全国の郵便局の窓口が利用できる安心感

私が考える最も大きなメリットはとしては全国の郵便局の窓口が利用できる安心感というものです。

マネーの世界ではこれでもかと言わんばかりにネットが利用されるようになりました。

ネット銀行・ネット証券などのひろがりからも言えるように、ネットとマネーは非常に相性がいいものです。

しかしながら、万が一の災害時の場合にはネットが利用できなかったり、入出金にも支障をきたすことも大いにありえます。

ゆうちょ銀行ならば全国の郵便局の窓口が利用できますので、災害時の対応も安心です。

Q:地震の被害により、通帳、印章、キャッシュカードを持っていません。払戻しをすることは可能ですか。

A:通帳、印章、キャッシュカードをお持ちでない場合も、運転免許証等のご本人さまを確認できる証明書類をお持ちであれば、店舗・郵便局の窓口でお一人さま20万円までの払戻しが可能です。
出典:ゆうちょ銀行HP

ゆうちょ銀行ATMでは入出金手数料完全無料

つぎに考えるメリットは、ゆうちょ銀行ATMのでは入出金手数料が完全無料というものです。

こちらは以前から完全無料だったのですが、最近ではファミリーマートにゆうちょ銀行ATMが設置されているところも増えてきました。

Family MartでゆうちょATMが使えます!-ゆうちょ銀行

ファミリーマートに設置されているATMならばほぼ24時間利用することができます。

ゆうちょ銀行ファミリーマートATM利用時間

以前は郵便局のATM以外では手数料がかかるので利用しにくかったのですが、ファミリーマートに設置のATMを使えば利用できる時間が広がりますので便利になりました。

もちろん、利用手数料は無料ですので非常に大きなメリットがありますね。

公金の支払いが可能

最後に私が感じるメリットですが、公金の支払いが可能というものです。

ゆうちょ銀行も他の民間金融機関と同じように税金などの公金の支払いが可能です。

ネット銀行では公金の支払いができないところがおおいですので、大きなメリットとなっています。

私も税金を支払う時がありましたが、近くに郵便局がありましたので待ち時間もなく簡単に支払いができました。

ちょっとしたことなのですが、地味にありがたいと思っています。

ゆうちょ銀行のデメリット

ゆうちょ銀行自体非常にメリットの大きな金融機関なのですが、完璧ではありません。

そこでつぎに考えるデメリットをご紹介したいと思います。

といってもわずかしかないのですが・・・・

ゆうちょ銀行利用のデメリットは以下のとおりです。

  1. 振込が面倒・手数料がかかる点
  2. ファミマ以外のコンビニATMでは手数料がかかる点
  3. 貯金以外の商品の取扱が苦手

の2点ですね。

振込が面倒・手数料がかかる

郵便貯金時代と違い、ゆうちょ銀行でも他の民間金融機関向けへの振込をすることができるようになりました。

ところが、ゆうちょ銀行をわざわざ利用して他行向けの振込をする方は少ないと思います。

どうしても郵便振替を利用する以外には利用しにくく、しかも手数料もかかってしまうのでちゅうちょしてしまいますよね。

郵便振替以外の資金移動はどうも苦手なイメージをもってしまいます。

ファミマ以外のコンビニATMでは利用手数料が必要

郵便局やファミリーマート設置のゆうちょ銀行ATMでは手数料が無料ということをメリットでもあげました。

しかし、郵便局では開いている時間がバラバラ(土曜日に開いていないところもある)、ファミリーマートATMはすべてがゆうちょ銀行とは限らないというデメリットがあります。

これらが利用できない場合利用するのは他のコンビニATMですよね。

すると利用はできるのですが、当然ながら利用手数料がかかってしまいます。

これはこれで地味に痛いですよね。

貯金以外の商品が苦手

ゆうちょ銀行のメイン商品は言うまでもなく、通常貯金や定額貯金などの貯金商品ですよね。

これらは非常に利便性も高く、おすすめです。

一方でゆうちょ銀行は貯金以外にも投資信託や国債といったさまざまな商品を取り扱っています。

これらに関しては私は非常に苦手な印象を持っています。

ゆうちょ銀行になってから積極的に取り扱うようになっていますが、これらは証券会社(できればネット証券)が本業で取り扱っている商品です。

私は個人向け国債をゆうちょ銀行で購入したことがありますが非常に大変な経験をしましたのでとくにおすすめできないと思っています。

まとめ:ネット銀行を併用するとより便利です

今回はゆうちょ銀行をメインバンクとして利用することについてメリット・デメリットについて考えてみました。

郵便貯金からゆうちょ銀行へ移行してからサービスの改善もすすみ、単体での利用でも耐えられるくらい便利な金融機関となっています。

しかも、全国津々浦々にある郵便局があるため窓口があり、災害時の対応などもバッチリできるという大きなメリットがあります。

一方で、郵便振替を除く振込が苦手であったり、郵便局以外や一部のファミリーマートに設置のゆうちょ銀行ATM以外のコンビニATMでは手数料が必要というデメリットもあります。

そこでおすすめしたいのがネット銀行との併用です。

私が併用しているのが住信SBIネット銀行ですが、これを併用すればデメリットを補えるので非常に便利です。

ですので、ゆうちょ銀行単体で使われている方も一度ネット銀行との併用も考えてみてはいかがでしょうか。

この記事は以下の記事の一部として書いたものですのでぜひ本記事をお読みくださいね。

ゆうちょ銀行と住信SBIネット銀行の併用がベストチョイスと思う理由
このブログをお読みいただいている方ならば銀行やゆうちょ銀行などの口座はいくつか保有されている方が多いと思います。私もかつてはさまざまな金融機関の口座を保有していたのですが、自分なりに感じる銀行口座の保有方法について考えてみたいと思います。そ

では、またよろしくです!