金融機関の職員さんを試そうとしてもミイラになるのでやめておきたい件

スポンサーリンク
記事検索はこちらからどうぞ!

ミイラ取りがミイラになるので気をつけたい話

私が金融機関の方とお話する際に気をつけていることがあります。

それは職員さんを試すようなことをしないということ。

多少は金融の知識も身についてきたので、職員さんに挑まれたり、知識レベルを試すために窓口に行かれる方もいらっしゃると思います。

私も以前よりは少しは金融リテラシーは身につきました。

しかしながら窓口でマウントしたり、見下したりすることは絶対ににありません。

なぜなら必ず逆襲をうけると思っているからです。

確かに金融機関の職員の方は知識にムラがあって、こっちのことはよく知ってるかもしれないが、あっちのことはよく知らない。

仕事をされている方にはよくある話ですよね。

鉄道ファンの方が鉄道会社の社員さんに挑戦しても社員さんが勝てないっていうのもよくある話。

あからさまにキレられるということはないのでしょうが、相手は百戦錬磨のトークの達人。

きっと私みたいなコミュ力が低い人間が挑んだところで、きっと足元をすくわれてうっちゃりをかまされてしまいます。

金融機関の職員さんの知識レベルを試すような行為はきっと相当高等テクニックなのだなと私は思っています。

私のようなド素人がチャレンジしてもきっと大やけどをしてしまう。

なのでこちらから金融機関の方に営業をかけてもらいたくない。

そして購入する商品は調べたら出てくるレベルのもので十分。

営業の方が特別にもってくるという情報は確かにありがたいのですが、それをあしらったり条件闘争する能力は私にはありません。

別に極秘情報は知らなくてもいい。

調べたら出てくるような情報を使って少しでも生活がラクになればいい。

そういう意味でネットでの金融サービスというのは非常に便利だなぁと感じています。

調べたらちゃんと出てくるし、資産額などで特別扱いもされない、条件はきちんと明記されている。

とてもフェアなシステムだなぁとあらためて思いますね。

誰でも公平に利用できる商品を賢く使えたらいいなぁと思います。

幸い私のような小市民には寄り付くような営業マンはいませんし、身なりからしてもあしらわれてしまうようなタイプでしょう。

でも見栄や特別扱いされないでいるというのはとてもラクなんですね。

ですので、これからも金融機関の職員さんを試すようなことをしたり、特別扱いされようともせず、調べたらわかるような金融商品で資産を増やしていきたいと思います。

では、またよろしくです!

話すより10倍ラク! 聞く会話術
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥1,540(2020/11/18 00:37時点)

コメント