テレビ体操を見て実感!ラジオ体操を真剣に取り組めば相当ハードな体操だった

シェアしていただけると喜びます!

スポンサーリンク

f:id:kotsu2life:20161122060017j:plain

今日はNHKのEテレで放映されているテレビ体操をご紹介します。

ラジオ体操ではなくあえてテレビ体操をご紹介するのには理由があります。

それはテレビを見て取り組むとラジオ体操がより体を動かしていることがわかるからです。

では、テレビ体操についてみてみることにしましょう。

テレビ体操とは

テレビ体操はNHK教育テレビ(Eテレ)で朝6時25分からなど1日数回行われている体操番組です。

NHKテレビ・ラジオ体操

結構長くやっているみたいで1957年からやっているようですからほとんどテレビ草創期から続く長寿番組です。

テレビ体操は主にラジオ体操を取り組むのですが、テレビを生かした力を入れるポイントやストレッチ体操をわかりやすく教えてもらえ、そして鍛えてくれます。

私は朝4時半に起きてブログを書いているのですが記事を書き終わった頃にこのテレビ体操が放送されますので、毎日取り組むようにしています。

朝早くからパソコンの前でブログをカタカタ打っているのですから肩などがこってきます。それをごりごりっとほぐしてくれるので結構いい感じですよ。

あと欠かすことができないのがアシスタントのお姉さんの存在です。

このアシスタントさんがいないとテレビ体操を見ている意味がありません。

2ちゃんねるなどではEテレの実況スレは通常閑散としているのですが、

このテレビ体操の時間だけはちょっと盛り上がっています。

内容は・・・・まぁ、見て見てください。私はなんとも言えません。

ただ、動きはきちんとしていてなにより参考になります。

実際にやってみると

早朝からブログ記事を書いていたのが終わる時間がちょうどこのテレビ体操の始まる時間帯です。

頭を使って考えているせいか結構疲れてしまっていますし歳のせいか(涙)肩もこってガチガチになっています。

10分間の番組なのですが、2種類の体操に取り組みますが結構やってみるとハードなことがわかります。

日によって取り組む体操がことなるのですが、この日は

  • みんなの体操
  • ラジオ体操第2

という組み合わせです。ラジオ体操第1だけというなまっちょろいことはしてくれません。

みんなの体操は聞いたことがない方も多いかもしれませんが、1999年につくられた新しい体操ですので知らない人も多いはずです。

ラジオ体操第1・第2では使わない筋肉をほぐしたりしますが、運動量は低く抑えられているのでいわばラジオ体操の準備体操てきな役割を果たしています。

やった感じではストレッチ系の動きが多いですね。

ただみんなの体操はテレビでないと動きがわからないのが問題かなぁとも思っています。

ただあまりにもラジオ体操第1・第2の刷り込まれ方がすごいだけかもしれませんが。

みんなの体操でちょっとほぐれてくるとストレッチのコーナーがあったりラジオ体操の注意するポイントがあります。

そしてメインイベントのラジオ体操です。

妻と一緒にやっているのですが、第一だと喜んで第2だとちょっとがっかりしてしまいます。

第2の方がハードなのとやはり第1が体に染み付いているからかもしれませんね。

ラジオ体操を文字通りラジオを聴いて取り組むのとテレビ体操でアシスタントの動きを見ながらやるのとでは体にかかる負担感がまるで違います。

ラジオ体操第1でも結構しんどくなりますし、

第2なんかやったものならかなりハードですよ。マジな話。

そうしているうちにテレビ体操が終わってしまいます。時間にしてたった10分間。

10分でも真剣に取り組めばかなり体に負担がかかることがわかります。

私はかなり肩こりがひどいのですが、やっていると肩がごりごりとなっていますね。

そして伸びたりしていると「お゛ーーーーーー」という気持ちにもなってしまいます。

すっかりおっさんになっちゃいましたね。若い方ならこんなことないのでしょうが。

まとめ

朝起きた時間にやっているテレビ体操のことをご紹介しました。

朝6時25分から35分までの10分間、月曜日から日曜日まで毎日放送されていますのでちょっと運動不足だなと思う方は試してみてはいかがでしょうか。

あたりまえになんとなくやっていたラジオ体操が違った感覚、そしてラジオ体操は真剣に取り組めばかなり負荷の高い体操だったんだと実感できると思います。

では、またよろしくです!

関連記事です。ついでにどうぞ!

スポンサーリンク

シェアしていただけると喜びます!

フォローする