トコちゃんベルトを男性が巻くと腰痛予防に効果抜群な件

シェアしていただけると喜びます!

スポンサーリンク

f:id:kotsu2life:20161108060906j:plain

今日は妊婦さんの骨盤矯正ベルト「トコちゃんベルト」がお父さんにも腰痛予防に効果を発揮することをお話ししたいと思います。

トコちゃんベルトは奥さんが妊娠された際に骨盤が広がるのを避けるために装着されていることが多いと思います。ただ、お子さんが産まれた後は産後ケア終了後は不要になってしまいますのでお蔵入りしていると思います。

これをお父さんがもらって仕事中に装着すると腰痛をさけることができますのでおすすめです。

それでは父ちゃんのトコちゃんベルト活用法を考えてみましょう。

とこちゃんベルトとは

妊婦さんの骨盤矯正のためのベルトです

トコちゃんベルトとはどのようなものでしょうか。

公式HPによりますと、このように書いてあります。

トコちゃんベルトとは骨盤輪を支持するための骨盤ケア商品です。

青葉ホームページより

・・・・なんのことかよくわかりません。

簡単にいうと骨盤を締め上げて骨盤をケアするためのベルトです。

骨盤がゆるんでくるとお産にいろいろと問題があるらしく、切迫早産や妊娠高血圧症候群、それに逆子になるとか出産に関する怖いことがいろいろあるそうです。

私は男性ですので妊婦さんの骨盤ケアについては詳しくなく、いい加減なことを書いてはいけませんので詳細は公式ホームページをみてみてください。

男性の腰痛予防にも効果的

お子さんが産まれたらそのベルトをもらおう!

本題はここからです。

お子さんが産まれてしばらくは奥様の骨盤ケアのためにトコちゃんベルトをお使いになられると思いますが、その後必要でなくなったらお父さんがそのトコちゃんベルトをもらうといいことがあります。

それは、

パパの腰痛予防にも効果がある

ということです。

私も重量物を運ぶ仕事をしていますがトコちゃんベルトによってぎっくり腰を避けることができています。

会社につねに置いておき、やばくなってきたら装着するようにしています。

これだけで8年近くぎっくり腰の事態を避けることができました。

使い方

このトコちゃんベルトは妊婦さん向けに開発されていますのでウエストの広いお父さんにも問題なく使用することができます。

妊婦さん向けの場合はお腹に赤ちゃんがいますのでいろいろと解説ビデオやスケジュールとか学んでおかなくてはいけないことがあるみたいですが、お父さん向けにはそんなに難しくありません。

最初は奥さんから教えてもらうといいのですが、使い方は

  1. 骨盤の位置を理解して巻く位置を決める
  2. しばり上げる

以上でOKです。

詳細は上記リンクを見てもらうとわかるのですが、骨盤の位置はズボンのベルトよりも若干下の腰の骨があたるところに巻くことだけ気をつければ大丈夫です。

私はこのように使ってる

私は仕事で毎日重量物を手運びで運んでいますので何もしなかったらぎっくり腰や腰痛に悩まされているはずです。

もちろんその気があるので気をつけているのですが、ときどきやってきます。あの嫌な感覚を。

ピキーっとくる腰の異変

あの嫌な感覚は腰痛持ちの方はわかっていただけるのではないかと思っています。

この痛くはないけどやばい異変を感じた時にこのトコちゃんベルトを装着するようにすると骨盤が安定するために腰が痛くならずにすみます。

ここで大事なのは痛くなってからではなく

異変を感じた時点ですぐに巻いてしばり上げることです。

これだけで私の腰が痛むのを何回も避けてくれています。

そして重量物を運ぶ仕事をそのまま継続することができ、その仕事が終われば外してそのまま仕事ができます。

ただ、常時装着はきつい

このトコちゃんベルトとてもいいのですが、結構蒸れるんですよね。

そのためにずっとしばっていればしばった部分がかゆーくなってきます。

本当ならば腰痛予防のためにはずっとしばっておいたほうがいいとは思うのですが、私はできませんでした。

汗かきのおっさんには常時装着はおすすめできません。

そのためやばくなってきた感覚を身につけ、そのときに装着するようにするだけでも

骨盤をしめあげていい感じ♪

になりますのでおすすめです。

まとめ

「トコちゃんベルト」は本来妊婦さんのための骨盤ケア商品なのですが、使わなくなった後は腰痛に悩まされているお父さんが使うといいことがあることをお話ししました。

トコちゃんベルト自体そんなに安い商品ではなく使い終わってからそのままお蔵入りするのは非常にもったいないことです。

そのためにお父さんがトコちゃんベルトを奥さんからもらって仕事の合間で使うと腰痛予防には非常に効果的ですのでぜひためしてみてくださいね。

では、またよろしくです!

スポンサーリンク

シェアしていただけると喜びます!

フォローする