40代のおっさんがいまさらメルカリにチャレンジしてみて感じたこと

スポンサーリンク

40代のおっさんがいまさらながらメルカリにチャレンジ!

今やフリマアプリが全盛ですよね。

メルカリやラクマなどスマートフォンで簡単に出品できるフリマアプリ。

今まで実は私は使ったことがありませんでした。

以前利用していたのはヤフオク!のみ。

今回思い切ってメルカリに出品してみました。

すると結構おもしろいことに気がつき、もうちょっと試してみようかなとも思っています。

この記事では私がいまさらながらメルカリに出品してみて感じたことについてまとめてみたいと思います。

この記事ではメルカリの始め方は書いていませんので、はじめ方は「メルカリ 始め方」などで検索していただければと思います。
スポンサーリンク

メルカリに出品してみて感じたこと

40代のおっさんがメルカリに出品してみて購入していただいて感じたことについてまとめてみたいと思います。

出品がめちゃくちゃ簡単

スマホアプリに対して私ははっきり言って偏見をもっていました。

このことは後でお話ししますが、バカにしていたと言っても過言ではありません。

ヤフオク!やリアルのフリーマーケット出品の経験がある私にとってメルカリやフリマといったフリマアプリはちょっとしたおままごとやんという食わず嫌いな面があったのは事実です。

はっきり言って甘かった。

出品が想像以上に簡単で、あーっという間に出品完了。

スマホで出品するのを前提としているため、入力サポートもめちゃくちゃ充実しているのにびっくりです。

以前からヤフオク!を利用していた私にとっては落札後のやり取りと言えば

  • 連絡先の交換
  • 振込先の交換
  • 代金の振込・残高の確認
  • 発送・評価

これだけの手順が必要でした。

それが、

  • 発送の手続き
  • 入金の確認・評価

だけですもん。

やりとりがほとんどなく、簡単に出品から評価までスムーズにいくという点は驚き以外のなにものでもありません。

2次元バーコード決済とのフィット感がヤバイ

もう一つ感じたのが売買代金決済と2次元バーコード決済の整合性がばっちりということですね。

私は楽天Payをメインに2次元バーコード決済を利用していましたが、飽きてきたのもまた事実です。

もちろん、メルカリの2次元バーコード決済「メルペイ」の存在も知っていました。

ただ、これっているんかなぁ?とたかをくくっていました。

しょせん、マイナー2次元バーコード決済やんと。

すみません。これも甘く見すぎていました。

メルカリの資金決済はアプリ上で行われるのですが、銀行振込の場合には振込手数料が必要です。

それをメルペイ払いすると振込手数料が不要でコンビニなどのQRコード決済やおサイフケータイなら電子マネー払いが可能です。

事実上の仮想通貨と言ってもいいくらいの使い勝手です。

たしかに、PayPayや楽天ペイとくらべて使える店は少ないかもしれません。

しかし、コンビニ3社で使えるようになるレベルなら問題ないのではないでしょうか。

匿名配送が使える

そしてもうひとつ浦島太郎的に感じたのが、

匿名配送がめちゃ便利ということですね。

購入者が送り先を知られずに商品が欲しい場合に使われる匿名配送。

私は利用したことがありませんでした。

それがメルカリの場合、匿名配送が基本となっているために、私も利用してみました。

これが、相手の連絡先を聞かなくて良いぶん送る作業がめちゃくちゃ楽になりました。

もちろん、クリックポストなどのより安価なサービスもあるのですが、ヤマト運輸と日本郵便(ゆうパック)の匿名配送の簡単さにはびっくりしました。

さらにコンビニとの連携プレーの良さも浦島太郎なみに感動してしまいましたね。

スポンサーリンク

40代のおっさんの私がメルカリを使いだした理由

ではなぜいまさらながら40代のおっさんの私がメルカリを使い始めたのかについてお話ししたいと思います。

ヤフオク!で売るものがなくなったから

以前から私はヤフオク!で保有している不要なガジェットをオークションにかけていました。

しかしながら、現在ガジェットを買うことが減り、オークション向きな不用品がなくなってしまいました。

しかも以前ヤフオクで取引していたときにはさきほどお話ししたのですが、連絡先や入金確認などが面倒だったのと、ガジェットは後々のトラブルの経験もあったのであまり売りたくなくなったのもまた事実です。

それならば、妻や子のいらないものを売ってみようかと気軽に始めてみたのがメルカリにチャレンジした理由ですね。

リアルフリマは売れ残るから

そしてもう一つの理由が、リアルのフリーマーケットは思ったほど売れないからというものです。

家族のいらないものは以前、リアルのフリーマーケットで販売してきました。

しかしながら、これって売れ残る割には高い金額で売れないんですよね。

しかも場所代や車を持っていない私にとってはレンタカー代など損益分岐点が上昇してしまうんですよね。

メルカリやフリマなどのスマホでのフリマアプリの場合

  • 必要なものを必要なだけ出品できる
  • 売れ残っても場所代の損失はなく手数料のみなのでムダが少ない

と感じています。

スポンサーリンク

まとめ:簡単だからぜひチャレンジしてみて!

今回はスマートフォン(スマホ)でのフリマアプリ「メルカリ」に出品してみて感じたことについてまとめてみました。

簡単に出品から決済まで非常にスムーズにできるものだとびっくりしてしまいました。

家庭内のいらないものを手軽に販売できるのでいいのかなと思っています。

さらにフリーマーケットに出品するのと違い、狙って購入していただけるのでムダがなく、さらに購入時に手数料が発生する仕組みなので場所代などが不要なのも気軽に出品できるなと感じました。

どうしてもフリマアプリは女性の方がメインのイメージがあるのですが、簡単に出品できるのでおっさんの私でもすぐに使いこなせそうです。

もし使ったことがないと感じられる方がいらっしゃったら、気軽にいらないものを出品してみてはいかがでしょうか。

では、またよろしくです!

メルカリは以下のリンクからできますからお気軽にどうぞ!

今ならメルペイで招待コード「YGRBUY」を入れて、はじめて本人確認を完了すると1,000円分のポイントがもらえるよ!
さらに、招待すると最大1億ポイントがもらえるキャンペーン中★9/16まで
参加は簡単!下のバナーをクリック!
すすメルペイ友達招待キャンペーン
10月3日までにメルペイで招待コードを入れて、はじめて本人確認を完了すると1,000円分のポイントがもらえるよ!さらに、友達を招待するごとにポイントをもらって最大1億円分のポイントをGETしよう!