バリュー平均法

インデックス投資

バリュー平均法で積み立て不足年率換算31%が物語ること

私はリスク試算の大半を バリュー平均法と呼ばれる方法で積立を行っています。 これは3ヶ月に1度、自分の目標とする資産の残高 (バリュー経路)と実際の自分の残高を照らし合わせて、それに追従するように資産額を追加したりまたは減らしたりする...
バリュー平均法

資産額が下がっても運用結果を伝えようと努力している理由

最近、マーケットが非常に良好ですよね。 毎日毎日、NYSEの株価が過去最高をマークすることで気持ちがいいという方が多いのではないでしょうか。 私も株式100%ではないものの、それなりにリスク資産に投資しているので総資産額は過去最高を...
インデックス投資

ドルコスト平均法ではない積立投資の方法をレクチャーしてみた

インデックスファンドの積立てはつみたてNISAなどの利用のため、毎月一定額積み立てる「ドルコスト平均法」を用いられている方が多いのではないでしょうか。 私も以前はドルコスト平均法を利用していたのですが、ちょっと物足りなくて・・・ 現...
インデックス投資

バリュー平均法の導入方法を徹底解説

私のブログを読んでいただいている方はバリュー平均法の記事を多いと思いますので、今回は私がどのようにしてバリュー平均法による投資をはじめたのかについてまとめてみました。 通常はドルコスト平均法を利用されて積立をされている方が多いと思いま...
バリュー平均法

資産チェックは3ヶ月に1度、たった15分で終わってしまうくらいで十分な件

みなさんは資産チェックはどれくらいの頻度でされているでしょうか? 毎日されている方もいらっしゃるでしょうし、毎月、あるいは1年に1度だけというかたと千差万別だと思います。 私の場合には3ヶ月に1度チェックするようにしています。 バ...
バリュー平均法

バリュー平均法で投資しないとき、ひめだかは何をしているのか?

はじめに 私が実践している投資法はバリュー平均法とよばれる手法で、通常積み立てる際におこなわれるドルコスト平均法や一括投資とは違った方法です。 この方法は自分が決めた資産の増え方をシミュレートして、チェックしたときの資産の過不足を売...
バリュー平均法

バリュー平均法が維持できなくなったときのことを考えてみた

私はインデックスファンドの積立てを従来のドルコスト平均法ではなく、バリュー平均法と呼ばれる方法で積立てを行っています。 これはバリュー経路という資産の増え方のシミュレーションを考えておき、資産とバリュー経路との差額をチェックし資産の売...
インデックス投資

一般NISAで運用しているインデックスファンドを運用期限を迎えたらどうしようか考えてみた

私が運用しているインデックスファンドはすべて一般NISAで運用しています。 インデックスファンドならばつみたてNISAでいいじゃないかと思われるかもしれません。 ところが私が運用している方法が通常のドルコスト平均法ではなくバリュー平...
バリュー平均法

バリュー平均法の資産チェックのときにどのようなことをしているのか

私はインデックス投資の資産はバリュー平均法という運用法を用いて運用を行っています。 インデックス投資と言えば、つみたてNISAに代表されるようにドルコスト平均法で運用するのがある意味当たり前となっていますよね。 私も以前はドルコスト...
iDeCo

リスク資産は損益ではなく、資産残高を中心に考えたい理由

投資をされている方にとって一番気になること。それは 投資しているものの損益 ではないでしょうか。 株式にしても投資信託にしても必ず表示されているのは 利益が出ているか、損失が出ているのかという損益ですよね。 利益が出ているとき...
スポンサーリンク