投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year2019に投票しました

スポンサーリンク

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2019 に投票したよ

いよいよこの季節がやってきました。

投信ブロガーが独断と偏見でベストなファンドを選ぶイベント、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2019の投票の時期がやってきました。

私も投信ブロガーの端くれとして毎年投票を行っています。

そこで今年も自分なりに選ぶ2019年のベストなファンドを選んでみましょう。

スポンサーリンク

投票したファンドについて

私が投票したファンドと配点は以下のとおりです。

  • たわらノーロード先進国株式:3点
  • eMAXIS Slimバランス( 8資産均等型):1点
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー):1点

まぁ、順当といえば順当なのですが、初心者の方でも安心できるファンドを選んだつもりです。

次には選定理由についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

投票した理由

では、私がえらんだ

  • たわらノーロード先進国株式
  • eMAXIS Slimバランス( 8資産均等型)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

の選定理由についてご紹介したいと思います。

たわらノーロード先進国株式

私がたわらノーロード先進国株式を3点もの点数を配分した理由ですが、既存ファンドにもかかわらずローコストインデックスファンドでありながらもっとも低い信託報酬を可能にした点を大きく買っています。

今までたわらノーロード先進国株式の信託報酬は0.2%台と一世代前のローコストインデックスファンドというイメージでした。

同じようなローコストインデックスファンドシリーズだとeMAXISシリーズ(Slimでない)タイプがあげられます。

eMAXISシリーズの場合にはeMAXIS Slimシリーズを別途リリースさせることで信託報酬の低減させました。

一方でたわらノーロードでは既存のファンドでローコスト化を実現したということがものすごく衝撃的でした。

以前は販売会社の関係からも信託報酬の低減化は不可能と言われていたのがあっさりと覆されたことに驚きを隠せません。

そのため、アセットマネジメントOneさんの多大な努力に敬意を評して最大のポイントをつけさせていただきました。

もちろん運用成績も問題なしですので私も保有しています。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)も1ポイント入れさせていただきました。

理由としては私は株式の地域だけでなく、資産の分散も図るべきだと考えています。

なぜならどの資産がいちばんリターンが高いものになるかわからないからというものですね。

実際に2019年は国内REITの伸びが著しい状態でしたが、そのおかげでリターンも高いものとなっています。

株式に集中投資がここ数年正解のようにいわれていますが、私はさまざまな資産に投資をしたいと思っています。

そこでメインのファンドはeMAXISバランス(8資産均等型)にしています。

そのSlim型がeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)です。

こちらは8資産という全部入りにも関わらず、信託報酬は年税込0.1512%と超ローコスト。

ですのでコア・サテライト戦略のコアファンドとしても最適だと思います。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

そして最後の1ポイントはeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)です。

今まで日本を含む全世界株式ファンドは非常に限られていました。

あったとしても一世代前のコストで決してローコストとは言えませんでした。

しかしeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)では信託報酬が年0.1144%(税込)と超ローコスト。

これ1本で日本をふくむ全世界の株式を保有することができるというのは大きなメリットだと思っています。

ローコストで1本のファンドで全世界の株式をカバーできるのは非常に魅力的という理由で1票を投じました。

スポンサーリンク

それぞれのファンドに望むこと

このようにして投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2019に投票したファンドについてご紹介したのですが、決して要望がないわけではありません。

ですのでそれぞれのファンド別の要望も書いてみたいと思います。

たわらノーロード先進国株式

私がたわらノーロード先進国株式に要望したいこと、それは

もうちょっとアピールしていいのではということです。

たわらノーロードシリーズは非常に安定したファンドであり、少し前に投資した方は保有されている方も多いはずです。

他社ではブロガーズミーティングなど行い、双方向の交流も行われています。

アセットマネジメントOneさんもいい商品をお持ちなのですからもう少しアピールしていただけるといいかなと思いますね。

あとはできれば他のたわらノーロードシリーズの信託報酬も意欲的な水準を期待したいと思います!

大変なのはわかりますが、ぜひ期待しております。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)に期待したいことは以下の通りです。

従来のeMAXISバランス(8資産均等型)を統合・もしくは信託報酬を下げること、信託財産留保額の撤廃ですね。

たわらノーロードシリーズと異なり、私はeMAXISの8資産均等型は従来型(俗にいうFat)とSlimを両方保有しています。

従来型はリリースされてからの期間が長く、含み益がたくさん出ている方が多いと思います。

乗り換えるとなると税金と信託財産留保額のダブルパンチとなるために乗り換えにちゅうちょしているかたも多いのではないでしょうか。

できればSlimシリーズとの統合か信託報酬・信託財産留保額の低減化をお願いしたいと思います。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

最後にeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に要望したいことは

小型株を含めた全世界株式ファンドになってほしいなということです。

アメリカバンガードのETFバンガード®・トータル・ワールド・ストックETF(VT)のように中小型株を含んだ全世界株式になってほしいということですね。

なかなか銘柄数を増やした上でローコストファンドで維持するのは難しいかもしれませんが、検討していただければ幸いです。

スポンサーリンク

まとめ:今のファンドはすごいと思います

今回、2020年1月に発表される投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2019で私が投票したファンドについて考えてみました。

たわらノーロード先進国株式は従来型のファンドでありながら関係各所の努力により最低水準の信託報酬を実現したことから一番多くのポイントを投じさせていただきました。

eMAXIS Slimシリーズはブロガーズミーティングで意見交換もされていたり、授賞式などにも積極的に参加され意見を吸い上げようとしている姿勢は評価できます。

そのうえで従来型のファンドをどうしていくかについてもお考えいただければうれしいなと私は思っています。

来年の授賞式には私は残念ながら参加できませんが、結果は楽しみにしたいと思います。

では、またよろしくです!