結婚してから質素にこつこつと資産形成していてよかったと実感したとき

スポンサーリンク

Kotsukotsu

私は妻と結婚してから12年ほどになります。

結婚式や新婚旅行、そして指輪類などは他人と比較して恥ずかしくないないようにお金をかけて購入したり催したりしました。

妻のライフスタイルをあまり理解していなかったため私のエゴと見栄でやったようなものなのですが、結婚後は非常に質素な暮らしを行っています。

スポンサーリンク

わが家はひきこもり一家だった

私を含む家族全員がいわゆるしんどがり(疲れやすい)なため、基本的には日帰りで行ける場所しか行かなかったり、家に引きこもってのんびりしたりすることをしてきました。

アクティブに活動される方からすると非常にしょうもないファミリー・ライフなのかもしれません。

しかしながら、これが意外と楽で気持ちいい。

夏の暑いときにクーラーをガンガンにかけて飲みたい飲み物を飲んだり食べたいものを食べたりしてぐーたらに過ごす。

非常に楽だなぁと感じたものです。

というのは、私自身は家族サービスをしなければいけないと考えがちだったので、外出しようと家族をよく誘ったものです。

ただそれがよかったのかどうかはわかりません。

ただ感じたのは外出した後の疲労感が半端ないことでした。

それからは自宅で引きこもったりしたりしてWebやDVDなどをぼーっと見たりする時間の貴重さを学びました。

それは同時にお金を使わなくてもラク楽しく暮らせる一つの方法だったのです。

あまりお金を使わなかったわが家の資産はマーケットの恩恵を受けながらもぐんぐん成長していきます。

しかし出ることが少なく、入金が多かったのでちょっとした金融資産をつくることができました。

スポンサーリンク

地味な暮らしがわが家を救った

そのようななかで私が勤務先で2度めのハラスメントを受けます。

10年以上前に独身時代の私は上司によるパワハラ(当時はそんな言葉はありません)を受けて休職したことがありました。

その経験があったため、今回の休職にはさまざまな準備をすることができました。

その大きな柱が金融資産です。

ハラスメントを受けまくりの私ですが、一応は一家の大黒柱です。

大黒柱がへし折れる事態なのですから一大事です。

ただ、いきなりボキッ通れるわけではなく、じわじわと折れていくのを実感していました。

そのために、さまざまなことを準備することができました。

その一つが家計が破綻するかどうかのシミュレーションです。

ざっくりとでも計算した結果10年以上は無収入でも生きていけると判断できたのがハラスメントから逃げ出す大きな勇気になったのは間違いありません。

この金融資産を作ることができたのは何より地味で見栄をはらない妻のライフスタイルのおかげだと思っています。

私はそれを資産運用して増やしたに過ぎません。

財形貯蓄で種銭をつくり、それをインデックスファンドに投資して今に至っています。

1馬力の3人家族でもまとまった資産を作ることができました。

スポンサーリンク

今はのんびりやってます

現在は休職中ということもあり、傷病手当金を協会けんぽから給付してもらったお金で生活しています。

もちろん傷病手当金はお給料の3分の2ですので収入は激減です。

しかしわが家の暮らしはシンプルなライフスタイルなため、今までとなんら変わりありません。

私はこうやってのんびりとブログで文章を書いたり、Twitterでフォロワーとお話ししたり、家事を妻と一緒にやったりしながらのんびりと暮らしています。

今までの会社員生活では気づかなかった気持ち良い時間の流れを実感することができました。

これからのことはまだわかりません。

ただ、今のゆったりした暮らしを大切にしたいと思っています。

それを支えるのは他でもない、質素な暮らしをして資産運用して増やすことができた金融資産にほかなりません。

これからのマーケットのことはわかりませんが、ゆったりした暮らしが1日でも長く続けられるようにシンプルな暮らしをつづけていきたいですね。

コメント