ルールを守って正しい投資を行おうと思った大発会の朝

スポンサーリンク

Haran makuake

2020年も大発会から大荒れになっていますよね。

ひさしぶりにみた日経平均株価500円マイナス。

これでうわーと目を覆い隠すような私ではないのですが、ちょっと不安になってしまうものです。

話は変わって、2020年1月は私の投資スタイルであるバリュー平均法による資産チェックの月なんですね。

資産のプラス・マイナスをきちんと把握してそれにしたがってキャッシュポジションを減らしたり、あるいは増やしたりしていきます。

もう5年ほどバリュー平均法でのチェックを行っているのですが、資産が下落していく中での資産チェックはかなりハードかなと思ってますね。

大したことはできないのですが、ただ指をくわえて見守るのもしゃくなものです。

私が資産チェックを行っているのはほぼ決まって20日ごろです。

それより前に株価が下落していても上昇していてもあわてて取り組まないようにしているんですね。

なぜなら安物買いの銭失いにつながってしまうから。

一度投資するルールを決めたからには、少々のアクシデントではへこまずに粛々と資産残高に向き合ってリスク資産を買ったり、売ったりを続けていこうと思います。

私が購入しているのは基本的にはインデックスファンドです。

これがゼロになるというのはまさに世紀末という状態ですので、あまり気にしないようにしていますね。

急激に株式や投資信託を購入したくなるのですが、ここはぐっと我慢して、20日くらいに追加投資するか、売却するかを決めたいと思います。

下落しまくっていても2週間位たてば多少は相場がどうなっているか落ち着くことができるので、慌てて売買せず、じっくり取り組んでいきたいですね。

では、またよろしくです!

コメント