イオン銀行iDeCo

おかねをふやすためには夫婦のライフスタイルの方向性が同じであることが大切な3つのこと

2017年7月3日

スポンサーリンク

カップル

今日は資産を増やしていくためには夫婦間でのライフスタイルの方向性が同じであることが有用であることをお話ししたいと思います。

この記事では妻と私のおかねに対するスタンスの違いがあるにもかかわらず、方向性がおなじであることで資産が増えてきていることについてお話ししていきます。

おかねは一攫千金できるものではない

このブログではそこそこ資産が蓄えることができた経験をお話ししているようにしています。

私のブログや他の方の資産運用系のブログに共通することがあります。

それは

おかねは一攫千金で増えるものではないということです。

私の場合ももちろんそうです。

資産残高に一喜一憂したり、資産配分に悩んだりしました。

しかし一番大切なことは妻の協力の賜物なんです。

妻の協力があってこそのもの

我が家の資産がこれほどまでに増やすことができたのはなにより

妻がシンプルなライフスタイルを貫いてくれている

これにつきると思っています。

あわせて私もそれに協力することによりいっそうシンプルな暮らしを実現することができました。

次には我が家の場合のおかねにたいする考え方をご紹介したいと思います。

我が家の場合

私の妻がわたしにいろいろなことを信頼してくれています。

ここでは妻と私がどのようなスタンスでおかねについて考えているかをご紹介します。

財布をまかせてくれる

我が家では夫の私が財産を管理しています。

通常は妻が管理し、夫にはおこづかい制というものが一般的だと思いますが、

我が家では逆で資産を夫が管理し、妻には生活費分を別口座に入れるというスタンスとなっています。

つまり妻が私にお財布の管理をまかせてくれているというありがたい状況にしてくれています。

リスク投資を容認してくれた

妻はリスク投資が大嫌いです。

1円の損失でも嫌がるタイプで、利用している金融機関はゆうちょ銀行というガチな堅実派です。

しかしながら我が家の資産の7割弱はインデックスファンドを中心とするリスク資産です。

(ちなみにリスク資産の「リスク」とは危険という意味ではなく「変動する」という意味のことばです。)

つまりガチな堅実派の妻が私のリスク資産への投資を容認してくれているということになります。

これは非常にありがたいことです。

現状では預貯金では資産を増やしていくことは非常にむつかしく、おかねを増やすためにはある程度のリスク資産への投資は必要な状況です。

これを取り入れることを認めてくれることは資産を増やすためのエンジンをひとつ手に入れることができたということになります。

妻の目指すライフスタイルを共感している

いっぽうで私も妻が目指すライフスタイルに共感しています。

それはシンプルな暮らしをしたいというものです。

もともと私は車や家電製品などは大好きなタイプです。

一方で妻はこういった考えにクエスチョンをつけているタイプです。

はじめに手放したのはマイカーだったのですが、当初手放すことに際して非常に悩んだことが思い出されます。

いざ手放してみるととてもスッキリした気持ちになり、妻のライフスタイルが私にも合うのだと実感したものです。

そこで私も妻のライフスタイルに共感することで一層シンプルな暮らし=おかねがかからない暮らしを送ることができるようになりました。

おかねを増やしていくために大切なこと

これらの経験をふまえておかねを増やしていくために大切なことを考えてみたいと思います。

おかねについてオープンに語ること

まず必要なことがこのおかねについてオープンに語ることです。

おかねのことについては夫婦間でもあまり話題に上らないことがあると思います。

話題にしにくいテーマの一つであるとは私も思っています。

ところがこれをきちんと話をしておかないとあとでトラブルの原因となってしまうので気をつけたいものです。

夫婦間でのおかねに対するスタンスの違いを認めること

つぎに大切なことは夫婦間でおかねに対するスタンスの違いを認めることです。

我が家のように500円玉貯金が大好きな妻とインデックス投資が好きな私はまるでお金に対するスタンスが違います。

これを自分の信じるスタンスに向けさせようとするとこれまたトラブルの原因になってしまいます。

ただ認めるだけではなく要望があればできるだけ受け入れるようにできれば、よりいいおかねとの付き合い方ができるのではないでしょうか。

私の場合借金をしないこと子供の児童手当はリスク資産へ入れないこと

この2つは守るようにしています。

同じ方向性を向いていること

最後に大切なことはライフスタイルが同じ方向性をもっていることです。

具体的な方法はそれぞれが違って当然です。

しかしながら目指すライフスタイルが同じ方向性をもっていれば、手段の違いが逆に可能性をひろげてくれます。

我が家の場合お金の面でよりシンプルにすることは私が考えます。

いっぽうで、生活の面でよりシンプルにすることは妻が考えています。

それがあわされば非常に強い力を持つのではないかと私は考えています。

まとめ

今回はおかねを増やしていくことについて夫婦間での相互協力が大切であることをお話ししました。

おかねの話はあまり話題にしにくいものですが、お互いに考えていることを話し合ってみることもいいと思いますのでぜひパートナーと話してみることをおすすめします。

では、またよろしくです!

関連記事です。ついでにどうぞ!

スポンサーリンク