iDeCo

iDeCo

無条件で運営管理手数料無料のiDeCo金融機関のまとめ

iDeCo手数料のうち金融機関の取り分である運営管理手数料が無条件で無料となる金融機関をまとめました。それぞれの金融機関が特徴のあるファンド選定やユーザビリティに関する点についての記事をご紹介しています。
iDeCo

EXE-iグローバル中小型株式ファンドに投資している3つの理由

私が投資している厳選した投資信託の一つとしてEXE-iグローバル中小型株式ファンドがあります。 さまざまなインデックスファンドをメインとした投資信託に投資しては乗り換えてきた私が継続している数少ないファンドの一つです。 だれでも知っ...
iDeCo

SBI証券のiDeCoプランでポートフォリオの配分やファンドの変更をする方法

このたび、SBI証券で加入している私のiDeCo(個人型確定拠出年金)のポートフォリオを先進国株式のみに変更することにしました。 そのため、ポートフォリオの変更方法について実例をあげてご紹介します。 最初にプランを決めたものの、別の...
iDeCo

iDeCoでの運用ポートフォリオをシンプルにしている理由

iDeCo(個人型確定拠出年金)を拠出しだして、2年ほどになりました。 その期間私はポートフォリオをさまざまなリスク資産へ投資したりしていたのですが、その後シンプルに1ファンドでの運用とすることにしました。 私はiDeCoプラン以外に...
iDeCo

SBI証券iDeCoオリジナルプランから移行した際に注意したい点をまとめてみた

SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)は従来型のプランを「オリジナルプラン」、そしてローコストインデックスファンドを中心とした新プランを「セレクトプラン」として2種類のプランを用意しています。 「オリジナルプラン」の加入者だった...
iDeCo

楽天証券のiDeCoを取り扱い商品や手数料などから徹底レビューしてみた

楽天証券のiDeCoプランの商品や手数料について詳細に解説。加入するのにおすすめなタイプも併せて紹介しています。ファンドについては長所と短所についても考えてみました。楽天証券でiDeCoをされる方はご一読をおすすめします。
iDeCo

SBI証券iDeCoの新プラン「セレクトプラン」に乗り換える3つの理由

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」といえば、iDeCo(個人型確定拠出年金)では大手の一角となっています。 いわば老舗なのですが、老舗ならではの問題点がありました。 それは ファンド数が多すぎること 最新のロー...
2019.01.26
iDeCo

会社員が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するのは結構大変な現実

iDeCo(個人型確定拠出年金)は会社に書類を書いてもらわなければ加入できない点についての解説。あわせてどのような書類が必要かについて、事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書の詳細についての問題点についてもも紹介しています。
iDeCo

【2018年版】SBI証券のiDeCoプランを徹底レビュー

SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)プランについて解説。ローコスト・充実した商品ラインナップの特徴がある一方で、ウィークポイントについても記載。また加入するおすすめタイプについても紹介しています。
2018.11.11
iDeCo

SBI証券iDeCoの商品数がばっさりと削減されることになった件

iDeCo(個人型確定拠出年金)において、メジャーな金融機関としてSBI証券があります。 私も加入しているのですが、ここのファンドのラインナップは良くも悪くもごちゃまぜというのが特徴的でした。 ファンド数は現在なんと67種類。 さ...
2018.11.11
スポンサーリンク