Grow rich slowly. ゆっくり確実に金持ちになろうとした結果

スポンサーリンク

Grow rich slowlyを目指して取り組んだ結果
Grow rich slowly. ゆっくり確実に金持ちになろう

私が社会人になって数年目でふと本屋さんで購入した木村剛氏著「投資戦略の発想法」という本の副題です。

私はこの副題に惹かれてなかば衝動買いで本を購入しました。

それが今でも私の金融資産を増やすためのキャッチフレーズとなり続けています。

新入社員当時私は一人暮らしで知らないところに配属されました。

独身時代、1度目の休職、結婚、育児、度重なる転勤、そして2度めの休職ととさまざまなプロセスを経て現在に至っています。

そのような中でもひっそりと、そして確実に心のなかに残っていたフレーズがGrow rich slowly ゆっくり確実に金持ちになろうということばなんですね。

まだまだ道半ばなのかもしれませんが、それなりに資産を形成することもできるようになりました。

いわゆる「子供部屋おじさん」ではなく、一人暮らしで暮らし、世帯をもち、妻は専業主婦、子供がいるというよくあるお金がないという典型的なライフスタイルを持ちがちですよね。

ところが、実際はゆったりとお金を増やすことができるようになりました。

このような記事を書かれている方の多くは独身かDINKS、パワーカップルです。

ところが私は1馬力・子持ち・年収600万というごくありふれたサラリーマンです。

この記事では、一人暮らしで就職し結婚して専業主婦の妻・子供がいてもお金をふやすことができたことについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

Grow rich slowlyの結果はこうなった

私が就職してまったく知らないところに配属され、度々転勤し、専業主婦の妻と子供がいるという経歴の私ですが、ちまちまとインデックス投資や財形貯蓄に励みました。

さらにお金がかからない暮らし(≠ドケチここ重要!)を妻が構築してくれたおかげで結婚後このようなグラフができました。

資産増加グラフ

このグラフは2008年から11年間の資産増加をあらわしたものです。

もちろんリーマン・ショックや東日本大震災、そしてチャイナ・ショックといった経済的災害を受けてながらのグラフです。

ちまちまと残高だけを記録してきたのですが大きな山ができたので継続していてよかったなと思いますね。

次にこの資産がまとまったものにどのようにしてなったのかご紹介しましょう。

スポンサーリンク

どのようにして増やしたのか

ではどのようにして資産を増やすことができたのでしょうか。

運用だけではなく、節約も行った結果資産をふやすことができたのでまとめてみます。

コンパクトな暮らしを実現

いちばん感じるのはコンパクトな暮らしを実現した

このことに尽きると思います。

  • 車を手放した
  • 旅行はあまり行かない
  • 外食はしない
  • 昼食は弁当持参
  • 通信費などの固定費の徹底見直し
  • お金のかからない趣味をする
  • 古くなったからと使えるのに買い替えない
  • 見栄は張らない
  • 片付けの徹底・不用品の販売

ざっとこれくらいは行ったのではないでしょうか。

これらのコンパクトな暮らしを行ったのはほとんど妻のおかげです。

いろいろと苦手なものがあったのですが、ほぼすべてが金食い虫なことばかりなのでシンプルな暮らしを送ることができていてよかったと思いますね。

私はどちらかというと世間体を重視しているタイプなので無駄使いしまくりなのですが、シンプルライフを好む妻でありがたかったなと思いますね。

ひたすらインデックス投資・財形貯蓄を行ったから

私は基本的にはインデックス投資を続けており、生活防衛資金や投資待機資金を作るために財形貯蓄で種銭を作ってきました。

種銭がたまればインデックス投資や高金利定期預金(昔は年1.5%定期とかあったのです・・・)にせっせと投入するだけという投資家人生です。

なにも大相場でとある株が10倍になったとかそんなかっこいいこと全くありません。

唯一あるといえば

  • ライブドア・ショックやリーマン・ショック時には資産が少なかった
  • アベノミクスの恩恵を受けた

これくらいは言えるのかなと思いますね。

現在も基本に帰ろうとインデックス投資に自分の資産を預けていこうとあらためて思っています。

スポンサーリンク

感じること

このようなコンパクトな暮らしをおくり、インデックスファンドに投資していただけでそれなりに資産を増やすことができた私なのですが、感じることをまとめてみました。

時期的にラッキーだった

一番感じるのは時期に恵まれたというものです。

相場が悪いときにはまだ資産が少なく傷が浅かった、そして相場が良くなったときにちょうど資金を投じられるようになったので増え方もよかったことがあげられます。

これが逆のパターンだったらどうでしょう。

相場が良いときに資産が少なく、逆に資産が増えてきたあたりに経済的災害を受けてしまったらと思うとゾッとします。

たまたま運用した時期がラッキーだった

と私は考えています。

家族一丸で資産を増やせた

もう一つは家族一丸で資産を増やせたということです。

決してドケチライフを送って増やしたわけでなく、シンプルな暮らしを送りながらゆっくりと資産を増やせたということなんですね。

資産運用は私が、シンプルライフは妻が担当していたため、バイクの両輪のようにうまくいったのではないかと思っています。

夫婦のどちらかのお金の使い方がザルだとこううまく行かず、お金がないー(T_T)といった暮らしになっていた可能性は十分あります。

なのでわいが資産を育てたとは決して言えませんね。

家族一丸で作り上げてきた資産だと思っています。

スポンサーリンク

まとめ:これからもゆっくりとお金持ちをめざします

今回Grow rich slowly ゆっくり確実に金持ちになろうというフレーズのもとにわが家も一人暮らしの後1馬力・専業主婦・子持ちのサラリーマンでも家族一丸となれば資産が増やせるのだということについてお話ししました。

わたしの場合にはたまたま節約することがたくさんあり、時期もよく、いい家族なので増やせただけかもしれません。

ただ、「〇〇だから無理」というのではなく、少しシンプルな暮らしをすることにより、資産が増やせる可能性もありますので、思考停止はしないでいただきたいと思います。

わが家もこれからも増やせるかどうかはわかりませんが、精一杯努力していきたいなと思いますね。

では、またよろしくです!