インデックス投資をこれからも投資のベースにしたい3つの理由

インデックス投資が投資のベースである理由

このブログを書き始めてから、さまざまな投資法(個別株・FXなど)について考える記事を書いてきました。

しかしながら、私の投資額において圧倒的に多いのはインデックス投資です。

そしてこれからもインデックス投資をベースに資産形成に取り組んでいきたいと考えています。

そこで、さまざまな投資法をつまみ食いしながらもこれからもインデックス投資を投資のベースにしていきたい理由について考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インデックス投資を投資のベースにする理由

現在私はお給料以外の収入を増やしていきたいと考えています。

たとえば、株式による配当収入、FXにおけるトラリピでちょこちょこ収入を得る、そしてこのブログも・・・

しかしながら、リスク資産の圧倒的に多くはインデックスファンドで保有しています。

そこで私がインデックス投資を投資のベースにしている理由についてまとめてみました。

感じるのは以下の3点です。

  • 相場観を信じていないから
  • メンテナンスが楽だから
  • 複数の資産を保有していたいから
  • では、それぞれについてみてましょう。

    相場観を信じていないから

    私はもともとバクチが非常に苦手です。

    パチンコや競馬、それに麻雀などでは苦々しい思い出しかありません。

    そのような私がリスク資産へ投資することができたのは、インデックスファンドがあり、ドルコスト平均法による積み立て法があったことからにほかありません。

    もし私が投資をはじめるにあたって個別株投資から始めていたらどうなっていたことでしょう。

    おそらくどのように買っていいかわからず、適当に買い、暴落があると大損して退場という初心者投資家がありがちなパターンにハマっていると思います。

    それか、リスクを恐れるばかりで株には一切手を出さず、預貯金のみであまり資産を増やせていないパターンのどちらかですね。

    山っ気のない私がリスク資産へ投資することができたのはインデックス投資があったからです。

    インデックス投資ならば個別株投資にくらべてリターンは少ないかもしれないが、少なくとも資産がゼロになる可能性はほとんどないと信じることができました。

    これが私に投資を促す大きなモチベーションとなりました。

    メンテナンスが楽だから

    私もサラリーマンの1人です。

    もちろん本業の仕事があり、普段はあまり投資に時間を割く余裕がありません。

    そのようななかで、普段はほったらかしで、銘柄選択などのメンテナンスが少なくてすむインデックス投資は私にとってとてもフィットしています。

    また、暴落したときにもほったらかしにしたままで市場から逃げずにいられたのもインデックス投資のおかげでしょう。

    リーマンショックのときには日に日に激減していく資産残高を目にして私はそっとノートパソコンを閉じました。

    そして積み立て設定はほったらかしたままで、証券会社のホームページを見なくなりました。

    いわば臭いものにフタをする程度のことしかできなかったのですが、これは暴落時にの対策としてひとつの方法だと思っています。

    ちょっとした設定で資産を積み立てられるのはインデックス投資の大きなメリットです。

    複数の資産を保有したいから

    昔から私は「全部入り」が大好きです。

    携帯電話でも家電製品でも機能盛りだくさんなものを購入してきました。

    資産も国内外の株式・債券・REITなどいろいろ保有したいと思いますが、それぞれ個別だとまったく知識が追いつきません。

    それができるのがインデックス投資ですよね。

    私は8資産均等型のバランスファンドをベースにして株式ファンドをトッピングしたポートフォリオにしています。

    ゴチャゴチャしているのかもしれませんが、管理する手間はほとんどありません。

    やるのは資産残高の管理と投資割合の管理くらいなもの。

    ラクに全部入りの資産を保有できるのはとても便利ですね。

    インデックス投資もデメリットがないわけではない

    ラクに幅広い資産を保有することができるインデックス投資。

    メリットばかりではないと私は実感しています。

    一番感じるのはつまらない点ですね。

    ラクに積み立てができるのは非常にありがたいのですが、市場平均に身を委ねている関係上相場が安定しているときにはとてもつまらなく感じてしまうのもまた事実です。

    そして、国内株にかぎるのですが、株主優待が得られないのもどかしく思ってしまいます。

    また、配当金は再投資されるのですが、やはり配当金というインカムゲインもいただきたいという気持ちも大きくなってきました。

    そこで、つまらない点を補う投資をおこなっていくのも必要ではないかと思っています。

    ですので、100%インデックス投資ではなく、個別株やFXなどの投資をすることでインデックス投資だけでは得られない楽しみ、メリットを享受していきたいですね。

    まとめ:インデックス投資があっての私です。

    今回は最近個別株を買ったとかFX(トラリピ)がよく動くとか書き、インデックス投資のことをあまり書いていない私が感じるインデックス投資の大切さについて考えてみました。

    相場がそれなりに安定しているときにはより多くのリターンを求めて個別株ばかり買えばいい、あるいは日本よりもリターンが良い米国株にしてみようと考えることも多いのではないでしょうか。

    ただ、一旦相場が荒れてくるとそのようなことも考えられなくなるのもまた事実です。

    私はこれからもインデックス投資をベースとして、オプションとして個別株などのつまみ食いするなどして投資を楽しんでいきたいと思っています。

    とても少ない手間で国内外の株式・債券・REITを一気に持てるのですからやらない手はありません。

    ただ、最後に1点。

    インデックス投資は損がでないわけではなく、株式ファンドの場合資産が半減する可能性もあることを肝に銘じながら取引をしていきたいと思っています。

    では、またよろしくです!