数年ぶりにちょこっと個別株を買って感じた3つのポイント

株の苗木

私は普段はインデックス投資をメインに複数の投資信託を保有しています。

しかしながら、今回はつまみ食い投資として数年ぶりに個別株を購入しました。

インデックス投資とは異なる世界にちょっとドキドキしながら購入することができたのでその体験をまとめてみます。

スポンサーリンク

数年ぶりに個別株を買い感じたこと

私が数年ぶりに個別株を購入したときに以下のことを感じました。

  • かなりワクワクする
  • 自分はかなりチキンだってこと
  • 別の世界も楽しんでみるものいい

かなりワクワクする

個別株の魅力というのはそれぞれの会社の株を買うことである意味会社を買うということですよね。

目的が値上がり目的であれ、配当金目当てであれ、さらには株主優待目当てであれ、どのもくてきでも非常に楽しいということを実感しています。

今回私は配当金をいただこうという気持ちで株を買ったのですが、どの会社が良いのかなとも考えてしまいました。

メインのインデックス投資ではジャンルで選定し、かつ配当金は分配されないものを選ぶのがセオリーとなっていますので、まったく逆な点ではとても刺激的でした。

自分はかなりチキンだってこと

インデックス投資ではリバランスが必要になったときなどまとまった資金をポンッとだすことができます。

ところが、個別株投資ではどうしても株価が気になることから配当金の利回りが高いとしても思い切ってまとまった株数を購入することができませんでした。

どうしても株式の分散を図りたいと考えてしまうんですよね。

同じ資金があれば複数の株式をもち、株価が下落してしまうリスクを分散していきたいですから。

その点ではまったくの初心者なので少しずつ個別株の荒波にもまれていく覚悟をしています。

別の世界も楽しんでみたい

インデックス投資を初めて十数年の私。

以前は資産が少なかったため、個別株のリスクに対応するよりはインデックス投資でより多数の銘柄や資産に分散投資をしていくことでリスクを少なくなる(と妄想しながら)ことをメインに資産を増やしてきました。

ところが、現在ではちょっとした金額ならば別の分野の投資法にチャレンジする余裕も出てきました。

今回配当利回りが高い個別株を買ってみたのもその一環で、株価の下落による損失は勉強代と割り切っています。

その一方で配当金による収入の分散化(といっても今ではおこずかい程度なのですが・・・)を図っていきたい。

将来的にはインデックス投資とならぶ資産運用の柱にしていきたい、そう私は思っています。

そのためには勉強も必要ですし、失敗するという経験も必要です。

少しの金額で大きく失敗して凹んで前に進んでいくという経験を積んでいきたいですね。

購入した株について

私が購入した株式はいかの2社です。

* JT(2914)
* NTTドコモ(9437)

買ったのはそれぞれ100株・・・・しょぼいですが・・・

JT株は2800円で指値をさしていたのですが、まさか約定するとは思ってもみず2,797円で約定しました。

NTTドコモ株は完全な衝動買いです。

個別株投資についてはズブの素人ですので、とりあえずは買う体験をしたほうがいいと適当な価格で指値をしていたら約定していた。

ただそれだけです。

購入目的について

これらの株式を購入した目的ははっきりしています。

配当金をいただき、収入の分散化を図りたい

ということです。

サラリーマンの私は以前には完全にお給料に収入を依存していました。

ところが、ブログをスタートさせてからそのような考えから少しずつ変化しています。

「お給料だけに収入を依存していてはいけないということ。」

現在ではこのように考えが変化してきています。

ですので、お給料以外にも小さな金額でも収入を得ていきたいと考えています。

その一環として個別株投資にチャレンジしてみたいと考えるようになりました。

銘柄選択能力ゼロ

今回銘柄を選択したのに私なりの考えは全く入っていません。

ど素人感丸出しなのですが、JT株はTwitterで大人気だったから。

配当利回り5%超えと聞いてもうJT株にうっとりしてしまった。

ただそれだけです。

NTTドコモもそう。

こっちも配当利回りが高く、自分がドコモの携帯を持っているから。 以上!

・・・・こんなんでいいのかなと思っているのですが、買うのは自由だからと思っています。

本来ならば財務諸表を読み込んだりするなど銘柄選択を考えないといけないとはおもうのですが、そこまでの能力はありません。

ともかくチャレンジしてみることが必要かなと思い購入することにしました。

これからどうしていくか

買った株をこれからどうしていこうかなと思ったので気がつくところをまとめてみました。

  • 完全放置で配当金をいただく
  • 暴落時にうろたえなないかチェックする
  • 少しずつ金のなる木を育てていく
  • それぞれの考えをみてみましょう。

    完全放置で配当金をいただく

    一番に感じているのはこの点です。

    今回購入した株は配当金をいただくことがメインで、価格の変動にはあえて目をつぶっています。

    そのため、株価についてはあえてチェックをせず、まずは配当金というおこずかいをいただく経験をすることからスタートしていきたいと思っています。

    暴落時にうろたえないかどうかチェックする

    そうこうしているうちに必ずやってくるのが暴落、いわゆる「**ショック」です。

    インデックス投資ではその「**ショック」は何回か経験しています(もちろんリーマン・ショックも経験済み)ので少々のことで動じることはないのですが、

    個別株投資ではうろたえる可能性があります。

    ですので、この暴落を経験してみてうろたえることがないかどうかを自分なりにチェックしていきたいと思っています。

    今回の個別株投資で株価が暴落したときにうろたえることがなければ、投資におけるメンタルは強くなっているのだと感じられますから。

    少しずつ金のなる木を育てていく

    株価というよりも自分のメンタル面が大丈夫か気にしながら、少しずつ買い増していきたい。

    そうすることで、キャピタルゲインはインデックス投資、インカムゲインは配当金の個別株投資でと明確化することができます。

    そうして少しずつお給料とは別の分野での収入を増やしていきたいと感じています。

    そのためには今までとはちがった知識を得る必要がありますので、本を読んだり他のブログを読ませていただくなど勉強していきたいですね。

    まとめ:苗木を買うみたいな感覚でとりくみます

    今回は、インデックス投資をメインとする私が数年ぶりに個別株を購入して感じたことについてまとめました。

    今回購入したのは配当金をいただく経験をすることで、給料とは違うべつの収入源を得る試みをしたいと思ったからです。

    購入した金額はわずかでいわば「くだものの苗木」をホームセンターで買ったようなものです。

    その苗木を育てて、果樹園にできるかどうかはわかりません。

    ただ、その苗木を植えないと配当金という果実は得られませんので、すこしずつチャレンジしていきたいと思っています。

    高配当株を購入することで、勉強しなければならないことも多々ありますので、あわせて本を読んだりブログを読むことで理解を深めていきたいですね。

    それがインデックス投資でも活かすことができればなおいいなとも思っています。

    では、またよろしくです!