SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))を徹底レビュー

exe-i

SBIアセットマネジメントから全世界(日本・中小型株を含む)株式へ投資するインデックスファンドが発売されることになりました。

その名はSBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))と呼ばれ、先日に楽天投信から発売された楽天・バンガードシリーズに対抗する全世界株(日本・中小型株を含む)へ投資する商品となっています。

EXE-iシリーズは海外ETFへ投資するスキームのインデックスファンドの先駆けですので満を持しての登場となります。

このファンドがどのようなものかをご紹介します。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))は以前の名称が
EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドというものでした。

2018年9月5日より名称が変更されていますが、ファンドの内容自体には変更はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファーストインプレッション

私がこのファンドの登場に際して感じたことをまず書いてみたいと思います。

それは

日本を含む全世界株に投資できるローコストインデックスファンドが増えて非常にうれしい

ということです。

もともとEXE-iシリーズは日本を含む中小型株や、先進国株式などの海外ETFへ投資するスキームのファンドシリーズを展開しています。

私も中小型株式ファンドに現在投資を行っています。

これに全世界株式のファンドが登場するということになりますね。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドに対抗しうる現在唯一の全世界株インデックスファンドが登場したということは信託報酬などの面からも競争が展開されるのではないかと思っています。

以前は日本を含む全世界株式に投資しようとすれば、日本株・先進国・新興国3つの株式ファンドを購入する必要がありました。

これからは1本を買ってしまえば全世界の株式へ投資できるようになります。

しかも1ファンドではなく複数です。

複数の全世界株式へ投資できるファンドが存在するということは、イコールより条件の良いファンドを比較できるということになります。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドと同様にこのSBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))も初年度は実質コストがどのようになるかはまだわかっていません。

さらに三重課税ともいわれる配当金の課税状況などこれから明らかになることでどのファンドが良いかを比較できるということ私たち投資家にとっては良い傾向であると思います。

これからもSBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))と楽天・全世界株式インデックス・ファンドを比較していきたいと思います。

つぎはこのファンドがどのようなものかをご紹介します。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))について

つぎにこのSBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))についてどのようなものかをご紹介します。

信託報酬

まずは気になる信託報酬からです。

このファンドの信託報酬は以下のとおりとなっています。

運用管理費用(信託報酬) 年0.108%(税込)
ETFの信託報酬 年0.042%程度
実質的な信託報酬 年0.150%程度

信託財産留保金・取扱手数料:ありません

ついに実質的な信託報酬が0.2%を切るファンドとなりました。

このファンドのライバル楽天・全世界株式インデックス・ファンドと比較してみます。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式)) 年0.150%程度
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 年0.2396%
2ファンドの差 0.08396%

ごくわずかですが、SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))のほうが信託報酬は目論見書上では低くなっています。

あくまでこれらは目論見書上での話のため、実質コストは異なることが予想されますのであくまで参考にしていただけたらと思います。

ベンチマーク(指標)

このファンドのベンチマークはFTSE グローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)とよばれる指標となっています。

この指標については後でご紹介します。

運用スキーム

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))は、3つの海外ETFを組み合わせて作られています。

EXE-i全世界株式運用スキーム

表のリンクはbloombergのETF情報ページにリンクしています。

ライバルの楽天・全世界株式インデックス・ファンドはバンガードのVT1本に投資するのに対してこちらは複数のETFに投資することでベンチマーク追従することを目指しています。

複数のETFで1つのインデックスへの追従を目指すスタイルは従来のEXE-iシリーズでも行われていることですので、このスタイルにSBIアセット・マネジメントが自信を持っていることだと思われます。

販売会社・取り扱い開始日

販売会社と取り扱い開始日は以下のとおりとなっています。

販売会社:SBI証券

取り扱い開始日:2017年12月5日

この販売会社は増えることが予想されますので、変更され次第追記していきます。

ファンドの状況について

このファンドが登場してから3ヶ月が経過しました。

2018年3月現在、このファンドがどのようになっているかをまとめてみました。

日付 基準価額 純資産額
2018.3.2 9,596円 5.11億円

Exe iグローバルつみたて株式チャート

2018年2月の株式の大幅な下落のため、基準価額は下がっており、設定時の10,000円を割り込んで9,600円弱となっています。

しかしながら、これだけの株式の下落にも関わらず、純資産額が増え続けていることから資金の流入は続いています。

しかしながら、販売会社がSBI証券のみのまま増えていないことから純資産額が5億円台にとどまっています。

ライバルの「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が46億円と純資産額の差は広がっています。

FTSE グローバル・オールキャップ・インデックスについて

つぎにこのSBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))がベンチマークとしているFTSE グローバル・オールキャップ・インデックスについてについてご紹介します。

このFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスについては以下の記事に詳細をまとめていますのでごらんください。

まとめ:楽天VTとの競争に期待

今回SBIアセット・マネジメントから新規設定されることになりました「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))」についてどのようなものかをご紹介しました。

信託報酬もわずかですが低くなるなど明らかに楽天・全世界株式インデックス・ファンド(いわゆる楽天VT)を意識した商品となっています。

あとは資産残高と取り扱い販売会社がどれだけ増えるかがこのファンドの成長できるかのカギとなっていきます。

ほぼ同時期のスタートとなるため、1年後両ファンドの実質コストがどれくらい異なってくるかも気になるところです。

あと、バンガードという看板を背負った楽天VTとシュワブやスパイダーズのあわせ技のSBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))のパフォーマンスの違いもこれから注視していきたいと思います。

では、またよろしくです!